01 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28. // 03

路線バスの色差しとウェザリング 

前回は駅前に配置する路線バスを中乃郷カラーに塗り替えましたが、塗り替えた際にウィンカーやバンパーなどの塗装も埋没してしまいました。
で、今回はそれらの塗装を復活させる作業からです。
RIMG1232_convert_20180108085835.jpg
ウィンカーにはクリアーオレンジを入れ、バンパーはアクリルのフラットアルミで塗ります。
フォグランプにはエナメルのクリアーイエローを入れましたが、そのまま近鉄マルーンの上に塗っても色が載りませんので、フォグランプ部分だけ、いったんシンナーで塗装を落とし、色を付けました。
拙い仕上がりですが、失敗してはタッチアップの工程を何度か繰り返した後、取り返しがつかなくなる前にあきらめた結果です。
RIMG1233_convert_20180108085920.jpg
ヘッドライトレンズは木工ボンドで作ります。
ヘッドライトの中に木工ボンドを詰めます。
RIMG1234_convert_20180108090017.jpg
乾燥後です。
完全に透明になってしまいますので、ヘッドライトらしさが今一ですが、とりあえずヘッドライトレンズできあがりです。
RIMG1237_convert_20180108090054.jpg
リアビューです。
テールライトレンズはテールライトの大きさにカットした透明プラ板にクリアーレッドを塗って作りました。
微量のGボンドクリアーで、テールライトに開けた穴の上に接着しています。
RIMG1277_convert_20180108090148.jpg
色差しの次はウェザリングです。
エナメルのクリアー塗料を落とさないよう気を付けながら、ボディー全体をタミヤのスミ入れ塗料ブラックでウォッシングしました。
ドア周りやラジエーターグリルなどの溝には、スミ入れ塗料を流し込んでアクセントを付けています。
RIMG1263_convert_20180108090243.jpg
窓のHゴムはマーカーで黒く塗ってみました。
肉眼では、まあまあ許容範囲内のでき映えに思えたのですが、写真に撮ってみると汚い仕上がりが丸見えです。
カメラの眼は非情です。
RIMG1282_convert_20180108090312.jpg
方向幕のHゴムもフロント、サイド共に着色しました。
何ぶん塗装自体のレベルが低く、色差しもあまりうまくいってませんので、細部にこだわっても、汚らしくなっていくだけという気もしますが・・・
一応思いついたディテールアップは施しておくことにします。
次回に続きます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
ブログ村人気ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックしていただけると、このブログのランクとレイアウト製作のモチベーションがアップします。
よろしくお願いいたします。

カテゴリ: 中乃郷電気鉄道

テーマ: 鉄道模型 - ジャンル: 趣味・実用

[edit]

路線バスを中乃郷カラーに 

新年明けましておめでとうございます。
着工以後、4度目の正月を迎えることとなったものの、未だ開通時期未定の中乃郷電鉄ですが、今年も拙ブログと中乃郷電気鉄道株式会社をよろしくお願い申し上げます。
RIMG1305_convert_20180102083049.jpg
中乃郷駅前に配置する路線バスを仕上げる作業が続きます。
カトーの路線バスは旧国鉄カラーですが、中乃郷駅前発の路線バスは中乃郷電鉄が運行していることにしたいと思います。
なので、路線バスも鉄コレと同じように中乃郷カラーに塗り替えてしまいます。
RIMG1221_convert_20180102083138.jpg
まずは、クレオスのMr.ベースホワイト1000で元の塗色を隠ぺいします。
ベースホワイトだけでは、下地色が少し残ってしまいますが・・・
RIMG1222_convert_20180102083200.jpg
GMのクリーム4号を吹くと、元の色を完全に消すことができます。
路線バスも、電車と同じくクリーム4号と近鉄マルーンをベースにした塗色にしてみます。
RIMG1224_convert_20180102083248.jpg
電車の方の中乃郷カラーは上半クリーム4号、下半近鉄マルーンのツートンですが、バスの方はボディーの裾部分だけに近鉄マルーンを入れることにしました。
RIMG1227_convert_20180102083322.jpg
こんな感じになります。
近鉄マルーンが上部へはみ出し、乾燥後近鉄マルーンの方をマスキングして、再度クリーム4号を吹きましたので、かなり厚ぼったい塗装になってます。
相変わらずのクオリティーの低さですが、レイアウトのアクセサリーの一つと割り切って、これでいいことにしておきます。
路線バス改造工事は、この先しばらく続きます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
ブログ村人気ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックしていただけると、このブログのランクとレイアウト製作のモチベーションがアップします。
よろしくお願いいたします。

カテゴリ: 中乃郷電気鉄道

テーマ: 鉄道模型 - ジャンル: 趣味・実用

[edit]

路線バスの点灯化準備工事 

中乃郷駅前に電話ボックスとポストが付きましたが、続いて駅前に配置する路線バスを仕上げます。
RIMG1214_convert_20171225085102.jpg
使用するのはカトーの路線バスです。
こちらも電飾してレイアウトに固定します。
RIMG1216_convert_20171225085153.jpg
バスの電飾には光ファイバーを使います。
今回のレイアウトを製作するにあたり、細かい部分の電飾には光ファイバーが必要になるかと思い、上の光ファイバー三菱レイヨン「エスカ」を購入して、ストックしておいたのですが、今まで使用する機会がありませんでした。
が、ここでいよいよその出番がやってきたようです。
なお、光ファイバーによるミニカーの点灯化に関しては、当方のレイアウト製作のバイブルであるモデルアート誌増刊「鉄道模型スペシャル」で紹介されており、今回のバス点灯化は、その記事の内容を参考にしながら進めています。
RIMG1215_convert_20171225085128.jpg
まずは路線バスを分解してみます。
ボディーから下回りを外し、さらに窓ガラスパーツを外します。
RIMG1218_convert_20171225085214.jpg
そして光らせたい部分の穴開け作業です。
フロント側はヘッドライトとマーカーランプ、方向幕に穴を開けます。
マーカーランプは0.5ミリの光ファイバーを差し込んで点灯させようと考えていますので、マーカーランプ部分に0.5ミリの穴を開けていますが、ヘッドライトは、下回りパーツのヘッドライト裏側にあたる部分に0.5ミリの光ファイバーを差し込んで点灯させる予定ですので、そこに0.5ミリの穴を開けてあります。
ヘッドライト自体には1ミリほどの穴が開いています。
マーカーの方は、穴を開けやすいように表面をヤスリで平らにしてから穴開けを行っているのですが、そのため余計なところまで削り取ってしまっています。
RIMG1219_convert_20171225085234.jpg
リア側はテールライトとマーカーランプを点灯させます。
テールライトは、テールライト自体にも穴を開けていますが、ヘッドライトと同じように裏側に下回りパーツが来ますので、その部分にも0.5ミリの穴を開けています。
そこに光ファイバーを差し込み、テールライトを点灯させる魂胆です。
RIMG1220_convert_20171225085254.jpg
中扉上の方向幕にも穴を開けました。
こちらの方向幕も点灯させる予定です。
次回に続きます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
ブログ村人気ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックしていただけると、このブログのランクとレイアウト製作のモチベーションがアップします。
よろしくお願いいたします。

カテゴリ: 中乃郷電気鉄道

テーマ: 鉄道模型 - ジャンル: 趣味・実用

[edit]

駅前の電話ボックス設置完了 

中乃郷駅前の電話ボックス設置工事が続きます。
RIMG1187_convert_20171218092801.jpg
今回は、前回製作した電話ボックスの隣りに配置する、もう1台の電話ボックスを製作します。
これまで製作してきた電話ボックスと同じように、こちらも点灯加工を施します。
RIMG1189_convert_20171218092830.jpg
駅前電話ボックス2号機が完成しました。
こちらはフィギュアなしです。
これまでの電話ボックスは、フィギュアのせいで、せっかくの電話機パーツが影に隠れて見えなくなっていましたが、これはボックスの中のディテールがよく見えます。
RIMG1199_convert_20171218092856.jpg
2台の電話ボックスを駅前に固定し、さらに横にはカトー「ローカル貨物ホームセット」のアクセサリーの郵便ポストを置いてみました。
ローカル貨物ホームセットは「国鉄郷州線」製作時に使用しましたが、二つあったポストの内の一つが残ってましたので、ここで利用です。
RIMG1202_convert_20171218092942.jpg
少し離れて駅舎全景を・・・
電話ボックスとポストが付いて、駅前らしくなってきました。
RIMG1213_convert_20171218093051.jpg
夜景は上のようになります。
RIMG1209_convert_20171218093006.jpg
しかしながら、駅前には路線バスも配置する予定です。
バスを置いてしまうと、せっかく取り付けた電話ボックスとポストがバスの陰になってしまいますが・・・
RIMG1210_convert_20171218093028.jpg
駅舎正面側は通常のレイアウト観賞方向からは見えませんので、結局は、駅前の様子は上のようなアングルで覗き込むことしかできなくなってしまいます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
ブログ村人気ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックしていただけると、このブログのランクとレイアウト製作のモチベーションがアップします。
よろしくお願いいたします。

カテゴリ: 中乃郷電気鉄道

テーマ: 鉄道模型 - ジャンル: 趣味・実用

[edit]

駅前に電話ボックスを 

通運会社営業所が固定され、その横の未舗装部分の地面もできあがって、中乃郷駅の駅前は徐々に駅前らしい雰囲気になりつつあります。
今回は中乃郷駅前にさんけいの電話ボックスを設置し、駅前をさらにディテールアップさせます。
RIMG1168_convert_20171212091027.jpg
以前消防屯所横に電話ボックスを置いたときは、電話ボックスに取り付けたLEDのコネクターをレイアウトベースに開けた穴から逃がしたのですが、電話ボックスの床よりもコネクターを逃がすための穴の方が大きかったので、開けた穴を隠すのに苦労しました。
そこで今回は、ベースにLED本体だけが通る穴を開けて、ベースの下からLEDを通すことにします。
街灯製作時と同じ要領です。
駅前には電話ボックスを2台設置しますので、LEDが2個顔を出しています。
RIMG1169_convert_20171212091056.jpg
まずは電話ボックスの床にLEDを通しました。
RIMG1170_convert_20171212091120.jpg
続いて組み上げたボックスにLEDを通し、LED本体を1ミリ厚スチレンボードに埋め込みます。
以降、消防屯所横の電話ボックスと同じ製作過程となります。
RIMG1171_convert_20171212091147.jpg
LED入りのスチレンボードを電話ボックスの屋根に貼り付け、LEDの発光部には減光用の画用紙を貼ります。
電話ボックスの屋根の裏には、遮光用のアルミテープが貼ってあります。
RIMG1177_convert_20171212091213.jpg
そして屋根とボックスを接着・・・
電話機パーツでLEDのリード線を隠します。
RIMG1184_convert_20171212091252.jpg
こちらにも消防屯所横の電話ボックスと同じく携帯で電話している風のフィギュアを入れて、電話ボックスから電話をかけている様子を演出してみました。
RIMG1186_convert_20171212091313.jpg
試験点灯してみます。
もう1台の電話ボックスは次回の製作となります。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
ブログ村人気ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックしていただけると、このブログのランクとレイアウト製作のモチベーションがアップします。
よろしくお願いいたします。

カテゴリ: 中乃郷電気鉄道

テーマ: 鉄道模型 - ジャンル: 趣味・実用

[edit]

プロフィール

郷州線乗換口はこちらです

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

アーカイブ

にほんブログ村

メールフォーム