05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

信号場ダブルクロスセクションに外枠を取り付ける 

前回はセクション間の接続部分の外枠を製作しましたが、レール固定前にすべてのセクションの外枠を設置してしまいたいと思います。今回はダブルクロスセクションの外枠を製作します。
2011_0724_134741-002_convert_20110730095323.jpg
ダブルクロスセクションは駅セクションと同じくトミックスのコンビネーションボードAを横に二つつなげてベースとしてますが、横方向の外枠をスチレンボード一枚で形成したかったので、上の写真のような大型の7ミリ厚ボードを使用しております。工具は工作用カッターとA3のカッティングマットしかないのですが、下に敷いたマットをずらしながらカットしていき、何とか外枠を切り出しました。
2011_0724_161846-003_convert_20110730095359.jpg
シーナリーボンドで外枠をベースに接着した後、今度は鉄橋のたもとのシーナリーをやはりシーナリーボンドでベースに貼り付け、鉄橋を仮置きして固着を待ちます。
2011_0724_162136-004_convert_20110730095438.jpg
外枠が設置された川予定地は上のようになりました。
2011_0726_112945-002_convert_20110730095521.jpg
セクション間の接続レールを設置する部分は路盤の上にプラシートを貼って補強しました。エバーグリーン製の0.13ミリ厚の透明プラシートをカットして片面をタミヤアクリルのフラットアースで塗り、色を塗っていない側を表面にしてシーナリーボンドで貼り付けています。ちなみに上の写真のレールはまだ仮に置いてあるだけです。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

カテゴリ: 郷州線二期工事

テーマ: 鉄道模型 - ジャンル: 趣味・実用

[edit]

« 信号場発着線セクションの外枠取り付け  |  セクション間の接続部分の路盤製作 »

コメント

どんな地形に

こんばんは。将来の延長部製作に向け、興味深々と基礎構造を見てますが、結構スチレンボードで製作できそうですね。信号場付近は奥に線路で?…どこからトンネルに入るかなどと想像しつつ…。週末は1期工事をじっくり見なおして将来の延長部(恐らく一定規模の終着駅?)の構想を練ろうかとも思ってます。

千早 #XAjl2.RA | URL
2011/08/03 19:42 * edit *

Re: どんな地形に

 千早様、ありがとうございます。
 信号場ダブルクロスセクションに関しては外枠とサブテレインのライザー、インクラインをガイドにして、やはりスチレンボードで地面の基礎を作っていきたいと思っております。他のセクションは山とトンネルが存在するのですが、山は稜線でもある外枠をガイドにしてプラスタークロスで地面の基礎を作りたいと考えています。

kyoshusen #- | URL
2011/08/04 23:34 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kyoshusen.blog101.fc2.com/tb.php/89-d88943b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

郷州線乗換口はこちらです

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

アーカイブ

にほんブログ村

メールフォーム