09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

橋台周りの地面の仕上げ 

前回に引き続き、鉄橋のたもとの地面製作を行います。全体を緑化して仕上げていきます。
2011_0709_095010-001_convert_20110717082427.jpg
まずはコンクリ部分のウォッシングから始めてみました。が、いつものようにエナメルの黒でウォッシングを試みたところ、どうも発泡スチロールは薄めたエナメル塗料を吸いこんでしまうようで、塗料のふき取りがまったくできません。しかしそれでもコンクリの色はちょうどウォッシングしたような薄汚れたいい色合いに変色してくれましたので、結果的には思っていたような感じになりました。
 
コンクリ部分以外の地面は緑化してしまいますので、地面と崖はほとんど隠れてしまいますが、一応モーリンのリアルサンドを撒いて変化を与えています。ナチュラルとライトブラウンのリアルサンドをシーナリーボンドの水溶液で固着させ、上の写真のようになりました。
2011_0709_103402-002_convert_20110717082610.jpg
続いてコンクリ部分の発泡スチロールの隙間にモーリンのカントリーグラスを詰め、コンクリの割れ目から雑草が顔を出している様子を表現します。地面と崖にもカントリーグラスを少量撒いて、下草を表現しました。固着はこちらもボンド水溶液です。
2011_0710_144521-003_convert_20110717082653.jpg
そして最後はフォーリッジの貼り付けです。機関区ジオラマや駅セクションで使ったカトーの樹木製作キットのクランプフォーリッジがまだ残ってますので、それを使います。
 
樹木製作キットには木の枝にクランプフォーリッジを貼り付けるためのホビタックというビニール系接着剤が付属しています。このホビタックは速乾性がないので枝にフォーリッジを接着するのには今ひとつ使いづらく、今までほとんど使ったことがなかったのですが、ハケ付きで広い面積の処理に向いてますので、ここで地面と崖のクランプフォーリッジ貼り付け用に使ってみました。乾燥したMr.クレイは結構収縮しますので、橋台との間などに隙間が空いてきてますが、この隙間もホビタックを塗り、クランプフォーリッジで埋めてしまいます。なお、橋台と橋台の間などの狭い場所にフォーリッジを貼ったり、小さくちぎったクランプフォーリッジを草むら風に地面に貼り付けたりする場合にはシーナリーボンドの原液を使用してます。
 
その後、葉の表現としてクランプフォーリッジにカントリーグラスを振りかけてボンド水溶液で固着し、上のように仕上がりました。橋台にも少量のカントリーグラスを固着させ、蔦がからんでいる風にしてあります。
2011_0711_150351-001_convert_20110717082731.jpg
鉄橋を仮置きし、車両を載せて雰囲気を見てみます。
2011_0711_150624-002_convert_20110717082758.jpg
別の角度からです。川の製作はまだしばらく先になりそうです。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

 
スポンサーサイト

カテゴリ: 郷州線二期工事

テーマ: 鉄道模型 - ジャンル: 趣味・実用

[edit]

« セクション間の接続部分の路盤製作  |  橋台周りの地面製作 »

コメント

キハが似合います

こんばんは。2連のガーダーにキハが似合いますね。緑が入ると俄然情景が映えます。垣間見える地肌も良いアクセントでこういう細かな作業が生きるんですね。

千早 #NAijnZeA | URL
2011/07/18 21:36 * edit *

Re: キハが似合います

 千早様、コメントありがとうございます。
 当初はもっと緑を多めにしようと思っていたのですが、緑の合間から覗く地面や崖の雰囲気がなんとなくいい感じに思えて、この仕上がりになりました。緑で覆う部分に地面を作っておくのは無駄な工作にも思えますが、ある程度地面を作ってから緑化した方が情景をイメージしやすいという思い込み(?)もあり、この製作法が当方の定番スタイルとなってます。

kyoshusen #- | URL
2011/07/20 17:01 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kyoshusen.blog101.fc2.com/tb.php/87-3af1d2a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

郷州線乗換口はこちらです

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

アーカイブ

にほんブログ村

メールフォーム