05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

ボードに配線用の穴をあける 

レール固定前にベースボードにフィーダーやポイントのコードを通す穴を開けておく必要があります。
二期工事区間には本線用フィーダーが二か所と信号場の二本の引き上げ線にそれぞれ一か所ずつのフィーダー、またポイントは駅構内用のポイントが一つと信号場内のダブルクロスがあり、ダブルクロスにはコードが二本ありますので、合わせて七か所ボードに穴を開けなければなりません。一期工事の穴開け作業の稿でも触れましたが、ドリルを持っておりませんので郷州線にとって穴開け作業は結構な難工事となってます。今回も手持ちの工具を駆使してこの難工事に挑みます。
2011_0620_141849-001_convert_20110704100642.jpg
上の工具類が郷州線のボード掘削用具です。まずピンバイスで小穴を開け、ヤスリで広げてから最後にプラスドライバーをねじ込んでこじ開けます。ドライバーは直径が6ミリあり、このドライバーが通ればトミックスのフィーダーコードとポイントコードのコネクタがぎりぎり通ります。
2011_0620_143022-004_convert_20110704100749.jpg
上は穴が開通したダブルクロスポイント設置予定地です。ライザーにはポイントコードを逃がすための切れ込みを入れてあります。
2011_0620_143359-005_convert_20110704100849.jpg
コードを通すと上の写真のようになります。
2011_0620_145303-006_convert_20110704100933.jpg
こちらは信号場の発着線側の引き上げ線のフィーダー設置予定地です。スチレンボードの切れ込みはやはりコード逃がし用です。
2011_0620_151231-007_convert_20110704101008.jpg
上のような感じでフィーダーが設置されることになります。ちなみにループ側の引き上げ線は本来の意味の引き上げ線ですが、こちらの引き上げ線は発着線と想定しており、仮乗降場も設けて信号場内の本線となる予定です。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

カテゴリ: 郷州線二期工事

テーマ: 鉄道模型 - ジャンル: 趣味・実用

[edit]

« 橋台周りの地面製作  |  勾配の傾斜の調整と川岸の基盤 »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kyoshusen.blog101.fc2.com/tb.php/85-f19d53da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

郷州線乗換口はこちらです

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

アーカイブ

にほんブログ村

メールフォーム