09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

橋脚と橋台の仕上げ 

橋脚と橋台製作の続きです。前回製作したスチレンボードの橋脚と橋台にノッホ製の石畳風シートを貼り付けます。
2011_0501_152428-001_convert_20110509131231.jpg
上が以前ホビーセンターカトーで購入し、ストックしておいたノッホの石畳シートですが、どうも「KATOユニトラックではじめる鉄道模型~Nゲージレイアウト作りに挑戦!」の中で使用されている石畳シートとは違うもののようです。
パッケージの写真を見る限りでは確かに石畳として使われているようで、英語表記でStone Wallの文字もありますので、石積み模様を表しているのは間違いないと思うのですが、「~Nゲージレイアウト作りに挑戦!」で使われているものより、こちらの方が石の積み方が整然としていて、いささかおもしろみのないデザインとなっています。が、せっかく購入したものですので、これを使用して作ってみます。
2011_0503_163312-001_convert_20110509131321.jpg
スチレンボードの橋脚と橋台に石畳シートを巻き付けたのが上の写真です。サイズを合わせ、カッターでカットして貼り付けました。シール状になってますので接着剤は不要です。鉄橋を載せることになる橋脚と橋台の頭頂部にはタミヤアクリルのニュートラルグレイを筆塗りしてあります。
 
この石畳シート一応ウェザリングしてある風な色合いですが、洗練された石の積み方のせいもあってかちょっときれいすぎますね。「~Nゲージレイアウト作りに挑戦!」の作例の橋脚と橋台はこれよりも石の大きさや積み方にもっとばらつきがあって、ウェザリングも効いている感じですが、こちらの方はそのイメージとはちょっと違う雰囲気になってしまいました。
2011_0504_163733-003_convert_20110509131435.jpg
で、とりあえずウォッシングしてみました。すると上のように少し落ち着いた感じとなり、ちょっとだけ貫禄が出たようです。デザインは今ひとつ気に入らないのですが、それはどうにもできませんので、一応これで完成とします。パッケージに3Dとありますが、確かに石一つ一つが立体的に表現されているのには好感が持てます。
2011_0504_165509-006_convert_20110509131620.jpg
鉄橋を載せて雰囲気を確認します。上の写真のように本線用鉄橋と引き上げ線用鉄橋は並べて同じ川に架ける予定です。
2011_0504_165305-005_convert_20110509131543.jpg
本線用鉄橋を下から眺めると上のような感じになります。
2011_0504_165221-004_convert_20110509131510.jpg
引き上げ線用鉄橋の方はこんな風になりました。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

カテゴリ: 郷州線二期工事

テーマ: 鉄道模型 - ジャンル: 趣味・実用

[edit]

« カーブレールにカントを付けてみる  |  橋脚と橋台の製作 »

コメント

こんばんは、ノッホのシートは結構立体感があるんですね。現在建設中の橋梁部分の橋脚が立体感に乏しいのでこれを利用しておけば良かったですね。

千早 #- | URL
2011/05/09 21:39 * edit *

Re:

 千早様、ありがとうございます。
 ノッホの製品はちょっと値段が高いのが難点ですね。国産では光栄堂のアースモデルシートなど比較的安価な製品もありますので、そちらを利用してみるという手もありました。

kyoshusen #- | URL
2011/05/10 17:19 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kyoshusen.blog101.fc2.com/tb.php/77-9295fe2c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

郷州線乗換口はこちらです

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

アーカイブ

にほんブログ村

メールフォーム