04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

路盤の仮設置 

新しいダブルクロスポイントにとりあえず異常が見られませんので、ようやく二期工事再開です。まずは路盤製作から始めます。
2011_0208_170123-001_convert_20110222103644.jpg
二期工事区間は駅を出発した後、勾配を上り、勾配の途中のスイッチバックの信号場を抜けて再び駅に戻ってくるというプランです。この間の路盤には主にサブテレインのインクラインとライザーを使います。インクラインは勾配を作るための路盤で、ライザーは勾配を上った先の平坦部分の路盤になります。上の写真は路盤の位置決めのため、ボードの上にレールを組んでレールの型をケガいたところです。
2011_0209_121539-002_convert_20110222103737.jpg
そのケガキ線を元にインクラインを設置し、ピンで仮止めします。インクラインは4%勾配用のインクラインセットを使いました。4%勾配セットは4本で1セットになっており、4本を全部つなげると4インチ(約10センチ)の高さまで上れます。
 
まず4%勾配セットを3本つないで3インチの高さまでもっていき、信号場予定地まで伸ばします。それから信号場部分の路盤を3インチの高さのライザーで作ります。サブテレインでは3インチライザーはありませんので、1インチライザーと2インチライザーを重ねました。本線はそこからさらに高度を上げていきますが、その途中に川を作って橋を架けるというプランですので、川予定地の手前で4%勾配セットの4本目のインクラインはカットしています。
2011_0209_124736-003_convert_20110222103814.jpg
一方ループ側ももう一つの4%インクラインセットで路盤を仮設置します。ピンで仮止めしながらループの形に曲げていきます。
 
ケガいたレール型に沿ってインクラインを設置していくと3本目のインクラインの先端付近が下段のインクラインのスタート部分に接触しますので、下段のインクラインの妨げになる部分をカットします。そこから先は下のレールと上のレールの交差が続きますので、インクラインは設置できません。で、レール交差部分が過ぎたところに信号場セクションで使った4本目のインクラインの残りをさらにカットしたものを路盤として設置します。このあたりが郷州線の最高地点となります。その後、レールを仮置きしたところが上の写真です。
2011_0211_144747-002_convert_20110222103912.jpg
試運転してみます。ループ部分の路盤のないレールから車両が転落する恐れがありますので、前回紹介したクリーニング用動力ユニットを使って行います。ループの上段部分のレールを手で支えてやり、無事エンドレスを一周させることができました。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

カテゴリ: 郷州線二期工事

テーマ: 鉄道模型 - ジャンル: 趣味・実用

[edit]

« ループ区間の立体交差の路盤製作  |  レールクリーニングカー牽引専用車の導入 »

コメント

こんばんは。

九州のループ線のような壮大なレイアウトが出来そうですね
これからが楽しみです

1500masa #- | URL
2011/02/25 22:11 * edit *

Re:

 1500masa様、コメントありがとうございます。
 壮大なループ線にしたい思いはやまやまなのですが、何分900X600ボードにファイントラックのC280とC243レールの組み合わせでループを作ろうとしてますので、どうなることやらといった感じです。

kyoshusen #- | URL
2011/02/27 13:06 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kyoshusen.blog101.fc2.com/tb.php/68-c80f1696
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

郷州線乗換口はこちらです

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

アーカイブ

にほんブログ村

メールフォーム