07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

停止位置目標の製作と取り付け 

カトーのローカルホームセットの付属アクセサリーにホームの列車停止位置目標の表示板があるのですが、これを取り付けるかどうか今まで迷っておりました。というのは、郷州線の「生野駅」は機関車牽引列車は最長客車6両編成、ディーゼルカーは2連から5連までと多様な編成両数の停車を想定してますので、付属アクセサリーのパーツだけでは停目の数が全然足りないからです。
しかし、停目があればホームや線路の良いアクセントにはなるはずです。で、考えた末、結局付属アクセサリーの使用はやめ、停目をすべて自作してみることにしました。
2010_1126_154940-001_convert_20101205094734.jpg
前回製作したレール束に引き続き、今回もエバーグリーンのプラ棒が登場です。表示板は2.5ミリ幅、0.4ミリ厚の平棒、支柱は直径0.6ミリの丸棒を使用しました。
 
まずは平棒をカットして表示板本体の製作です。気動車用は2.5ミリ幅くらいにカットして正方形になるように切りだし、それをななめにしてひし形に見立てます。一辺の長さが2.5ミリでは実物に換算して37センチにもなりますので、かなりオーバースケールですが、これ以上小さくすると中に数字を入れるのが困難になるかと思い、この大きさで妥協しました。機関車列車用は若干横幅を長めにし、長方形にしてますのでさらに大きくなってます。
 
表示板を切り出したら今度はそれに数字を入れていきます。当初は手書きで書いてみようかとも思ったのですが、大型文房具店でちょうどよさそうな感じのインレタを見つけましたので、それを使って入れてみました。最長編成停車位置用のX印もインレタのライン部分を使って入れてます。
 
表示板が出来上がったら丸棒をカットして支柱作りです。気動車用は1センチくらいに、機関車列車用はちょっと長めの1.2センチくらいにカットします。それをシーナリーボンドで表示板の裏に貼り付け、最後に表示板の裏をアクリルの黒で塗装して上の写真のように出来上がりました。左から気動車用の表面、裏面、機関車列車用の表面、裏面の順で並べています。
2010_1129_144938-002_convert_20101205094824.jpg
全体を軽くウォッシングした後、地面に取り付けます。取り付けに使用するのはシーナリーボンドのみです。はたしてボンドで接着するだけでうまく立ってくれるか不安だったのですが、結果は上の写真のようにきれいに立ってくれました。
 
シーナリーボンドは速乾性がありませんので立つまで支えておく必要がありますが、しばらく支えているとやがて自立してくれます。立ち姿が気に入らなければやり直しが効きますし、形が決まった後は根元にボンド水溶液を流し込んでやればさらに固着は強力なものとなります。
2010_1129_144651-001_convert_20101205094907.jpg
機関車列車用停目は蒸機の運転席から確認できるよう必ず進行方向左側に設置します。気動車用は必ずしも左側に立てる必要はありませんが、この駅では他の番線の停目と混同しないよう、すべて進行方向左側に設置しました。ホームの上に立ち並ぶ停目で昭和のローカル駅らしさを感じていただけるでしょうか。
2010_1129_145609-004_convert_20101205095038.jpg
構内踏切手前に気動車2連用の停目を設置してあります。2両編成のディーゼルカーでしたら上のように踏切を空けて停車することができます。
2010_1129_145104-003_convert_20101205094958.jpg
ちょっと上から見てみます。線路と線路の間に接触限界標識があるのがおわかりでしょうか。白いごみに見えるかもしれませんが、けしてごみではありません。1ミリ厚スチレンボードをカットして作った接触限界標識をポイント近くに設置してみました。
2010_1129_145847-005_convert_20101205095116.jpg
集落側の2番線用出発信号機(真ん中の信号です)の位置を変えました。今までは両隣りの1番線用信号と3番線用信号の位置と同じくらい手前にあったのですが、そこですと蒸機の場合キャブの右側、つまり機関助士側からしか確認できない位置に信号が立っていることになり、ちょっと違和感があったのです。どうでもいいことかもしれませんが、これで停目、信号機共に機関士自らが確認して走行できるようになったので、わずかながらもリアリティーアップかも、と一人悦に入ってます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

カテゴリ: 郷州線一期工事

テーマ: 鉄道模型 - ジャンル: 趣味・実用

[edit]

« バス停製作と駅舎周りの人形配置  |  線路脇の小物の製作と配置 »

コメント

初めまして

初めまして、いつも興味深く拝見しております。製作されている駅のレイアウト、雰囲気がとても良く出ていて素晴らしいですね。目の保養になります^^また、いろいろと勉強になる記事ばかりですので、これからも楽しみにしております!

EMS #jHSMZ1/Y | URL
2010/12/07 16:44 * edit *

Re: 初めまして

 EMS様 はじめまして コメントありがとうございます。
拙いレイアウトセクションではありますが、そう言っていただけると大変励みになります。
これからもよろしくお願いいたします。

kyoshusen #- | URL
2010/12/07 19:22 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kyoshusen.blog101.fc2.com/tb.php/57-6f758a39
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

郷州線乗換口はこちらです

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

アーカイブ

にほんブログ村

メールフォーム