FC2ブログ
07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

そば屋完成 

今回は、前回仕上げたそば屋をレイアウトに固定します。
RIMG1475_convert_20180508091654.jpg
まずは自作ストラクチャーベースの取り付けからです。
ライトグレイで塗った1ミリ厚スチレンボード製のストラクチャーベースを、そば屋配置場所に貼り付けます。
RIMG1477_convert_20180508091716.jpg
そしてストラクチャーベースにLEDのリード線を通すための穴開けを・・・
と、別の小穴から、またしても街灯用のLEDが顔を出しています。
ここには街灯付き電柱を立てます。
RIMG1479_convert_20180508091738.jpg
ストラクチャーベースの周囲には、リアルサンドとカントリーグラスを利用して土と草を固着させました。
街灯用LEDのリード線は、LED本体に近い部分を街灯の支柱のイメージで白く塗り、電柱で挟み込んでしまう部分をライトグレイで塗っておきます。
RIMG1481_convert_20180508091807.jpg
続いて直径1.5ミリハーフラウンドプラ棒2本でLEDのリード線を挟み込み、LED本体には、画用紙で作った街灯笠を接着します。
ハーフラウンド棒の内側は貼り合わせる前にライトグレイで塗っています。
また、街灯笠は、表側を白く、裏側を遮光のため黒く塗ってあります。
RIMG1482_convert_20180508091828.jpg
電柱上部は今回もGM製電柱を使用します。
道路が直角に曲がるところに立つ電柱ですので、それ風に腕金を加工し、その後、街灯付き自作部分と接着しました。
街灯のLEDには、街灯らしく見えるよう木工ボンドを盛り付けます。
RIMG1484_convert_20180508091856.jpg
電柱の自作部分、既製部分ともにライトグレイとフラットホワイトを混ぜた色で塗り、乾燥後に碍子に白を入れれば街灯付き電柱完成です。
LEDに盛り付けた木工ボンドは、乾燥後エナメルのフラットホワイトで着色しました。
RIMG1496_convert_20180508092014.jpg
そば屋本体をストラクチャーベースに接着し、街灯付き電柱も固定して、そば屋竣工です。
駅を出ると、すぐ横にあるそば屋ですので、乗降客の利用は多そうです。
RIMG1498_convert_20180508092038.jpg
そば屋の周囲の地面にはコースターフを撒いて、草を増量させました。
RIMG1493_convert_20180508091939.jpg
夜景です。
玄関の格子戸から漏れる明かりが、なかなかいいムードです。
RIMG1485_convert_20180508091917.jpg
が、通常のレイアウト観賞方向からの夜景は上のようになってしまいます。
いい感じの格子戸の明かりも、実際には、上から覗き込めばちらりと見える程度です。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
ブログ村人気ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックしていただけると、このブログのランクとレイアウト製作のモチベーションがアップします。
よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

カテゴリ: 中乃郷電気鉄道

テーマ: 鉄道模型 - ジャンル: 趣味・実用

[edit]

« 薬局の仕上げ  |  そば屋の仕上げ »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kyoshusen.blog101.fc2.com/tb.php/437-ddbdffbd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

郷州線乗換口はこちらです

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

アーカイブ

にほんブログ村

メールフォーム