05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

路線バスに乗る人々 

前回で路線バスの上回りが仕上がりましたので、今回は下回りの方を仕上げていきます。
カトーの路線バスは座席など車内の様子も表現されていますが、全面黒塗りでムードが今一つです。
RIMG1223_convert_20180130091904.jpg
で、上のように色を付けてみました。
座席はグリーン、床は木製のイメージで茶色にしています。
中扉のすぐ後ろは車掌席ですので、座席がありません。
RIMG1225_convert_20180130091828.jpg
上は付属パーツの中扉です。
扉が閉まっている状態と開いている状態の両方を表現できるように二種の扉パーツが付いています。
駅前に配置するバスは乗車扱い中の設定にしますので、開扉状態用パーツを使いますが、出入口横に開扉パーツ一つだけ付けても、折戸が開いている状態には見えないように思えます。
RIMG1309_convert_20180130091958.jpg
カトーの路線バスは2台セットなので、中扉パーツも開閉それぞれ2個ずつ入ってますが、もう1台のバスの方は中扉を閉めて待機場所に配置する予定ですので、開扉パーツは必要ありません
そこで、開扉パーツ2個を使用して折戸が開いている状態を表現してみました。
といっても、旧国鉄色に塗られている面を内側にして扉同士を接着し、縁を黒く塗っただけです。
運転席にはジオコレ ザ・人間「働く人々」の運転手を乗せました。
RIMG1312_convert_20180130092033.jpg
さらに乗客も乗せてみます。
手持ちのフィギュアの中から座っている状態のものをいくつか取り出して、座席に座らせました。
座面と床の間にほとんどスペースがないので、そのままでは座席に収まらないのですが、フィギュアの足部分をカットして無理やり座らせています。
ステップには「働く人々」の中にあったバス車掌風フィギュア(もしかしたらバスガイドなのかもしれませんが)を立たせました。
当初は、車掌は車掌席に立たせようと考えていましたが、車掌席にいても目立ちませんので、ステップ上に変更です。
RIMG1319_convert_20180130092324.jpg
ボディーをかぶせてみると、こんな感じになります。
RIMG1318_convert_20180130092250.jpg
窓が小さいので、さほど車内の様子が見えず、室内表現の効果は今一でしょうか。
RIMG1315_convert_20180130092056.jpg
車内にLEDを入れて雰囲気を見てみます。
点灯させた状態ですと、車内を作りこんだ成果が、少しは現れてくれそうです。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
ブログ村人気ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックしていただけると、このブログのランクとレイアウト製作のモチベーションがアップします。
よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

カテゴリ: 中乃郷電気鉄道

テーマ: 鉄道模型 - ジャンル: 趣味・実用

[edit]

« 路線バス点灯化完了  |  路線バスの上回りの仕上げ »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kyoshusen.blog101.fc2.com/tb.php/423-44ce72de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

郷州線乗換口はこちらです

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

アーカイブ

にほんブログ村

メールフォーム