05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

中華料理屋横のバラスト撒布 

さんけいの中華料理屋を固定する作業の続きです。
前回はストラクチャーベースの取り付けまで行いましたので、今回は中華料理屋周囲の地面製作です。
中華料理屋は自動踏切Ⅱのスピーカーにかぶせますので、すぐ横にはレールがあります。
なので、まずはスピーカー横のレールにバラストを撒いてしまいます。
RIMG1132_convert_20171121153627.jpg
バラストは、前作「国鉄郷州線」製作時に使用したモーリン製が、まだ残ってますので、それを使います。
郷州線と同じように、ローカル線用のダークブラウン、ライトブラウンと準幹線用のグレイのものを混ぜて撒きました。
レールは、3ミリ厚スチレンボードのレイアウトベースの中に埋め込まれている形になってますので、バラストを撒くと、ほとんど道床がなくなってしまいます。
ローカル私鉄の低い道床を表現したつもりです。
RIMG1133_convert_20171121153650.jpg
結局、踏切からトンネル予定地まで撒いてしまいました。
固着はシーナリーボンドの水溶液で行っています。
RIMG1134_convert_20171121153720.jpg
トンネルポータルを仮置きすると、トンネル入り口はこんな感じです。
RIMG1136_convert_20171121153804.jpg
バラスト撒布は、ひとまずここで終了し、引き続き中華料理屋周囲の地面作りを行っていきます。
スチレンボードのレイアウトベースとスピーカーが付いている踏切本体パーツとは、高さはほぼ同一になっているものの、間に隙間があいているところがあり、この隙間をふさぐ工作が必要です。
フォーリッジで隠そうと思いますが、直接ボンドでフォーリッジを貼りつけると、ボンドが隙間から垂れて、自動踏切Ⅱの配線にかかってしまうこともあり得ます。
RIMG1135_convert_20171121153742.jpg
で、茶色く塗った画用紙にちぎったフォーリッジを貼り付け、それを隙間にかぶせることにしました。
そこまで気にする必要もないかもしれませんが、念のためです。
RIMG1137_convert_20171121153824.jpg
フォーリッジ貼り付け後です。
とりあえず地面の隙間が埋まりました。
RIMG1139_convert_20171121153848.jpg
バラスト撒布区間に車両を走らせて、バラストが走行に支障を来たしていないか確認しておきます。
大丈夫そうです。
中華料理屋固定作業は、さらに次回へ続きます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
ブログ村人気ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックしていただけると、このブログのランクとレイアウト製作のモチベーションがアップします。
よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

カテゴリ: 中乃郷電気鉄道

テーマ: 鉄道模型 - ジャンル: 趣味・実用

[edit]

« 中華料理屋完成  |  トミックス自動踏切Ⅱのスピーカー隠ぺい工作 »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kyoshusen.blog101.fc2.com/tb.php/413-06a38b20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

郷州線乗換口はこちらです

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

アーカイブ

にほんブログ村

メールフォーム