03 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 05

酒屋の仕上げ 

今回より商店街のストラクチャーを固定していく作業に入ります。
ストラクチャーの固定は、もっとも手を入れにくい向かって右側の奥の建物から順に行っていきます。
RIMG0762_convert_20170405083258.jpg
右側の一番奥に建っているのは、グリーンマックスの商店セットを利用して作った酒屋です。
最初に、このストラクチャーの照明組み込みと固定作業を行います。
RIMG0763_convert_20170405083335.jpg
このストラクチャーは、遮光作業は完了しており、点灯テスト済みで、あとはチップLEDを取り付けるだけ、といった状態になっています。
遮光は、タミヤアクリルのフラットブラック筆塗りとアルミテープ貼りの併用です。
RIMG0764_convert_20170405083404.jpg
まずはストラクチャーのベースを作ります。
GM商店セットにはストラクチャーのベースもありますが、そちらは使わず、道路と同じ1ミリ厚スチレンボードのベースをストラクチャーの下に敷いて、道路と店の入り口がフラットにつながる状態にします。
RIMG0766_convert_20170405083431.jpg
このストラクチャーには入り口が二つありますが、片方の入り口は自動販売機でふさいで、締切状態にしてしまいます。
で、さんけいのジオラマオプションキット「自動販売機C」を使い、自動販売機を作ることにしました。
「自動販売機C」は、現代風とレトロタイプ合わせて7台の自動販売機を作ることができるペーパーキットで、チップLEDを入れて光らせることもできます。
RIMG0767_convert_20170405083517.jpg
酒屋の前にはこちらを1台置いておくことにします。
RIMG0769_convert_20170405083547.jpg
マイクラフトのチップLEDを入れて光らせてみます。
下部の光らなくていいところまで光ってますが、まあ許容範囲内ということにしておきます。
RIMG0772_convert_20170405083614.jpg
このストラクチャーの正面の透明パーツはスモーク色になっていて、店内がはっきり見えないので、くもりガラスにするなどの目隠し加工を行っていないのですが、点灯テストを行った結果、点灯時は、LEDの明るさで店内が空っぽなのが丸見えになってしまうことが判明しています。
で、縮小コピーで作った店だなやショーケースを店内に置いて、点灯時の違和感を減少させようと考えました。
次回に続きます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
ブログ村人気ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックしていただけると、このブログのランクとレイアウト製作のモチベーションがアップします。
よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

カテゴリ: 中乃郷電気鉄道

テーマ: 鉄道模型 - ジャンル: 趣味・実用

[edit]

« 酒屋完成  |  地面下地の着色 »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kyoshusen.blog101.fc2.com/tb.php/380-12d57a96
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

郷州線乗換口はこちらです

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

アーカイブ

にほんブログ村

メールフォーム