07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

中乃郷駅舎竣工 

LEDのリード線の固定はまだですが、とりあえず駅舎の点灯化ができましたので、今回は駅舎をレイアウトに取り付けます。
RIMG0717_convert_20170323094339.jpg
最初に、これまで別パーツのままになっていた駅舎の車寄せ部分を駅舎入り口に接着し、それから駅舎本体とプラットホーム、トイレを木工用ボンドでベースのスチレンボードに接着しました。
RIMG0719_convert_20170323094431.jpg
次にホームの屋根を接着します。
まずホーム屋根のLEDのリード線を改札口から駅舎内に取り込み、床に開けた穴から逃がしてPPテープで留めます。
RIMG0718_convert_20170323094407.jpg
そしてホーム屋根接着です。
支柱が浮かないよう一本一本にGボンドクリアーを塗り、押さえつけます。
RIMG0726_convert_20170323094509.jpg
続いては駅舎本体のLEDの固定です。
駅舎本体の3連チップLEDは、先端の駅名標に仕込んだものだけ固定されてますが、リード線を屋根裏に貼り付けて他の2個も固定します。
が、リード線の長さの関係で、結局1個のLEDは宙に浮いてしまうことに・・・
屋根を固定してしまえば動くことはないと思いますので、これでいいことにしてしまいます。
こちらも、ホーム屋根のLEDのリード線を逃がしたのと同じ穴からリード線を逃がします。
RIMG0729_convert_20170323094547.jpg
ホームの支柱に雨樋を付けましたので、駅舎本体の方も、四隅に縦樋だけは表現しておくことにします。
ホームの支柱の雨樋と同じく、0.64ミリプラ丸棒を折り曲げ、フラットブラウンを塗って、上のように作ってみました。
RIMG0731_convert_20170323094615.jpg
駅舎本体の屋根を接着し、雨樋を取り付け、ついに中乃郷駅舎竣工です。
RIMG0732_convert_20170323094641.jpg
正面側からの駅舎全景・・・
RIMG0735_convert_20170323094704.jpg
夜景は上のようになります。
見えにくいかもしれませんが、右奥のトイレからもちらりと電球色の明かりが漏れています。
RIMG0740_convert_20170323094815.jpg
待合室の中の様子です。
列車を待っている乗客の姿が、明かりに照らされています。
RIMG0739_convert_20170323094746.jpg
そして、写真でしか見ることのできない駅舎正面側の夜景です。
このアングルは通常のレイアウト観賞方向からは見られません。
RIMG0736_convert_20170323094726.jpg
駅に列車が到着した体で、もう1枚・・・
夜景走行用のモハ103(流山電鉄モハ105)とクハ52(越後交通クハ1451)の2連です。
美軌模型店のきらめきライトの点灯状態も良好です。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
ブログ村人気ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックしていただけると、このブログのランクとレイアウト製作のモチベーションがアップします。
よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

カテゴリ: 中乃郷電気鉄道

テーマ: 鉄道模型 - ジャンル: 趣味・実用

[edit]

« 地面下地の着色  |  駅舎点灯化作業 »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kyoshusen.blog101.fc2.com/tb.php/378-afb19ad0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

郷州線乗換口はこちらです

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

アーカイブ

にほんブログ村

メールフォーム