03 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 05

駅舎点灯化作業 

前回でホームの屋根が完成し、ホームの点灯化工事も完了しましたので、今回は駅舎本体の点灯加工を行います。
RIMG0697_convert_20170315091243.jpg
駅舎玄関の上には、すでに駅名標が取り付けられておりますが、ホームに点灯式の駅名標が付きましたので、こちらの駅名標も点灯式にしたくなりました。
そこで、駅舎の照明もマイクラフトの3連チップLEDを使い、ホーム屋根の照明と同じように先端のLEDで駅名標を光らせる方式で点灯化を行ってみることにします。
RIMG0698_convert_20170315091308.jpg
新たに製作した駅名標です。
下にチップLEDを組み込む隙間を空けています。
今まで付けていた駅名標は少し大きすぎる気がしていましたので、一回りサイズを縮めました。
RIMG0701_convert_20170315091336.jpg
元々付けていた駅名標を取り外して、屋根にチップLEDが通る穴を開けます。
RIMG0703_convert_20170315091425.jpg
そして新しい駅名標を取り付けます。
駅名標のチップLED差し込み口を屋根の穴に合わせて接着しています。
RIMG0708_convert_20170315091535.jpg
3連LEDの先端のLEDを駅名標の中に入れてボンドで固定し、リード線をPPテープで留め、駅舎玄関の駅名標の点灯化完了です。
RIMG0704_convert_20170315091452.jpg
試験点灯を行ってみます。
チップLEDを1個入れているだけの照明なので、ホームの駅名標と同様で明るさにムラが生じてしまうのは仕方のないところですが、LEDを差し込んでいる穴をふさいでいないので、そこから漏れる光が下の車寄せを照らしているのは、なかなかいいムードです。
駅名標の明かりが車寄せの照明も兼ねています。
RIMG0707_convert_20170315091514.jpg
駅舎内のLEDはまだ固定していませんが、駅舎全体の夜景は上のような感じになります。
窓の桟は窓ガラスの透明プラ板と一体になっているので、遮光されておらず、透けてますが、これはこれで雰囲気的には悪くないと思います。
しかし、本社入り口のドア全面が透けてしまっているのは、ちょっといただけません。
本社のドアも、窓ガラスの透明プラ板にプリントされています。
RIMG0711_convert_20170315091608.jpg
で、ドアの下半分だけはアルミテープで遮光することにしました。
RIMG0715_convert_20170315091629.jpg
点灯式にグレードアップした駅舎玄関の駅名標ですが、駅舎をレイアウトに取り付けると、駅舎の正面が後ろ向きになってしまい、通常の観賞方向からですと、駅名標の裏側の方が目立つようになるかと思います。
駅名標の裏側は、屋根との隙間から光が漏れていたので、塗料を盛り付けて固着し、遮光しました。
これまでは、駅名標だけでなく駅名標の支柱もかなりオーバースケールでしたが、直径0.3ミリの真鍮線で支柱を作り直しています。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
ブログ村人気ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックしていただけると、このブログのランクとレイアウト製作のモチベーションがアップします。
よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

カテゴリ: 中乃郷電気鉄道

テーマ: 鉄道模型 - ジャンル: 趣味・実用

[edit]

« 中乃郷駅舎竣工  |  ホームの屋根完成 »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kyoshusen.blog101.fc2.com/tb.php/377-b31b570e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

郷州線乗換口はこちらです

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

アーカイブ

にほんブログ村

メールフォーム