09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

駅のトイレのかさ上げとホームの柵 

前回は駅舎の車寄せを駅舎の床面の高さまでかさ上げしましたが、今回は駅舎内のトイレのかさ上げを行います。
駅舎内のトイレはGM「トイレと物置」のトイレをそのまま使うことにしていますが、こちらをプラットホームと同じ高さにする工事です。
RIMG0644_convert_20170208134044.jpg
まずはトイレの土台を7ミリ厚スチレンボードから切り出しました。
RIMG0646_convert_20170208134110.jpg
ホームの高さは8ミリですが、トイレの土台は、駅舎同様1ミリ厚スチレンボードの舗装道路の上に載せますので、土台の厚さを7ミリにすれば、ホームとトイレの入り口がちょうど同じ高さになります。
RIMG0649_convert_20170208134142.jpg
トイレの土台もホームと同じ質感になるように仕上げます。
テクスチャーペイント路面ライトグレイを塗った後、薄めたスミ入れ塗料でウェザリングしました。
RIMG0651_convert_20170208134204.jpg
駅のトイレには、すでにマイクラフト製のチップLEDを貼り付けてあります。
で、LEDのリード線を逃がす穴を開けます。
トイレの土台をレイアウト上のトイレ設置予定場所に置き、電動ドリルでベースボードまで一気に貫きました。
RIMG0653_convert_20170208134257.jpg
LEDのリード線をトイレ土台の穴に通し、トイレと土台を接着します。
RIMG0652_convert_20170208134230.jpg
そして駅舎の横に仮置きしてみました。
LEDの点灯状態は良好のようです。
RIMG0654_convert_20170208134326.jpg
駅のトイレの位置が決まりましたので、今度はそれに合わせてホームの柵を取り付けます。
ホームの柵は、「国鉄郷州線」で使用したローカルホームセットのものが、まだ残ってましたので、そちらを使うことにします。
RIMG0655_convert_20170208134403.jpg
塗装、ウェザリング後が上の写真です。
コンクリート製をイメージさせる柵にしようと思い、当初はテクスチャーペイントを使ってみようかと考えていたのですが、細部までテクスチャーペイントを盛り付けるのは大変そうだと思い直して、普通にアクリルのライトグレイと白を混ぜた色で塗りました。
その後、スミ入れ塗料ブラックでウォッシングしています。
RIMG0663_convert_20170208134436.jpg
柵は、本来は設置場所に小穴を開け、その穴に突起を差し込んで取り付けるものですが、突起部分はカットしてしまい、Gボンドクリアーで貼り付けました。
トイレの入り口の前には、トイレの付属パーツの目隠し用板塀を取り付けています。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
ブログ村人気ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックしていただけると、このブログのランクとレイアウト製作のモチベーションがアップします。
よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

カテゴリ: 中乃郷電気鉄道

テーマ: 鉄道模型 - ジャンル: 趣味・実用

[edit]

« ホームの駅名標と看板  |  駅舎入り口の階段 »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kyoshusen.blog101.fc2.com/tb.php/372-6c899b47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

郷州線乗換口はこちらです

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

アーカイブ

にほんブログ村

メールフォーム