09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

ペーパーでストラクチャーを自作する 

前作「国鉄郷州線」では駅前にカトー製の通運会社営業所を設置しましたが、製作中のレイアウトの駅前にも通運会社営業所を置きたいと考えています。
今回のレイアウトでは、カトー製のものとは違う雰囲気の通運会社営業所を使用したいと思い、これまで他メーカーの通運会社風ストラクチャーや、通運会社として使えそうななストラクチャーをいろいろ探してみたのですが、結局気に入ったものは見つかりませんでした。
そこで、今回は通運会社営業所を自作してみようと思います。
ストラクチャーをフルスクラッチで製作するのは初の試みです。
RIMG0482_convert_20161014084138.jpg
製作しようと考えているのは、コンクリート造りの二階建てで、直接壁面に会社名が記されているという建物です。
なので、ストラクチャーの壁には写真用紙を利用することにしました。
パソコンで壁の色を着色し、社名を打ち込んで0.27ミリ厚の写真用紙に印刷します。
壁の色は白に近い薄いクリーム色で、会社名は「中乃郷通運」としています。
RIMG0484_convert_20161014084219.jpg
印刷した写真用紙を壁の大きさにカットし、窓部分を切り抜きます。
ストラクチャーのサイズは、幅5センチ奥行6センチ高さ5センチとしました。
元々の用紙の色が白ですので、壁色がクリーム色でもカットした切り口は白くなってしまいますが、白っぽいクリーム色の壁なので、さほど違和感はないかと思います。
背面の壁の窓は省略です。
RIMG0485_convert_20161014084414.jpg
さらに未着色の写真用紙を壁と同じサイズにカットし、窓枠を残して窓を抜きます。
これを壁と貼り合わせて窓を表現するわけです。
同じ形に窓を抜いていくのは難しく、かなりいびつな窓になってしまいましたが、建てコレなどでも、ストラクチャーによっては結構いびつなものがありますので、こんな窓でも許容範囲内ということにしておきます。
RIMG0486_convert_20161014084453.jpg
未着色の写真用紙は、サッシの窓枠のイメージでライトグレイで塗りました。
遮光も兼ねますので、全面をライトグレイで塗り、また念には念を、ということで裏側は黒く塗っています。
窓のない背面壁にも、補強と遮光を兼ねて黒く塗った写真用紙を重ねます。
RIMG0487_convert_20161014084520.jpg
2枚の写真用紙を貼り合わせて作った4枚の壁ができあがりました。
次回に続きます。

にほんブログ村

にほんブログ村
ブログ村人気ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックしていただけると、このブログのランクとレイアウト製作のモチベーションがアップします。
よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

カテゴリ: 中乃郷電気鉄道

テーマ: 鉄道模型 - ジャンル: 趣味・実用

[edit]

« 輪郭が見えてきました  |  消防屯所完成 »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kyoshusen.blog101.fc2.com/tb.php/355-9372a969
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

郷州線乗換口はこちらです

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

アーカイブ

にほんブログ村

メールフォーム