05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

乗務員宿泊所と浴室 

今回もGMの「着色済み木造詰所」を改造して、車庫内の構内施設を作ります。
以前、GMの「トイレと物置」を製作しましたが、その際、物置の方の屋根を自作しましたので、「トイレと物置」用の屋根パーツが一つ余っています。
そこで、今回はその屋根と木造詰所のパーツを組み合わせてストラクチャーを作ってみます。
RIMG0422_convert_20160915094707.jpg
長手方向の壁は、半分の長さにすると、ちょうど「トイレと物置」の屋根に合うサイズになります。
木造詰所の屋根よりも、こちらの屋根の方が幅が少し小さいので、屋根の軒が多少短くなってしまいますが、細かいことは気にしないことにします。
この建物は、乗務員が宿泊したり、休憩中仮眠を取ったりするための宿泊所ということにしたいと思います。
RIMG0419_convert_20160915094601.jpg
切り離した倉庫の窓部分の壁と妻面の倉庫入り口は、別のストラクチャーの一部にします。
こちらを使って従業員用の浴室を作ります。
RIMG0423_convert_20160915094800.jpg
エバーグリーンのプラ板から他の部分のパーツを切り出し、浴室用パーツがそろいました。
浴室の入り口のドアは「トイレと物置」のトイレの個室のドアです。
不要パーツを捨てずに残してありました。
倉庫の入り口のドアは、ボイラー室のドアにします。
RIMG0436_convert_20160915094836.jpg
各パーツの塗装、ウェザリングが完了です。
瓦屋根はダークグレイで塗装し、ウォッシング後、ウェザリングマスターを固着させて仕上げています。
宿泊所も浴室も、夜間常時点灯している施設ではないと思いますので、今回は電飾は省略することにします。
よって裏面は塗っていません。
続きは次回です。

にほんブログ村

にほんブログ村
ブログ村人気ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックしていただけると、このブログのランクとレイアウト製作のモチベーションがアップします。
よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

カテゴリ: 中乃郷電気鉄道

テーマ: 鉄道模型 - ジャンル: 趣味・実用

[edit]

« 宿泊所と浴室完成  |  乗務員詰所完成 »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kyoshusen.blog101.fc2.com/tb.php/351-d9b25b1d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

郷州線乗換口はこちらです

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

アーカイブ

にほんブログ村

メールフォーム