04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

詰所増設 

これまで電車庫とその周辺の構内施設をいくつか製作してきましたが、車庫構内は多くの詰所や倉庫などを置いて、雑然とした雰囲気にしたいと思っています。
そこで、今回より詰所の増備を行っていきます。
RIMG0368.jpg
使用するのは、やはりGMの木造詰所です。
が、今回は着色済みの方を使います。
未塗装キットは生産中止になっているようで、手に入りませんので、やむなく「着色済み木造詰所」を購入しました。
RIMG0369.jpg
パーツは屋根がグレイ、妻壁のしっくい部分が白になっている他は、すべて薄いブラウンで塗られています。
なので、そのまま組み上げても台紙の見本写真のようにはなりません。
これが「塗装済み」ではなく、「着色済み」の所以かと思います。
RIMG0370.jpg
今回は、詰所内の倉庫部分はカットして、詰所のみの状態にしてしまいます。
倉庫は別棟として、詰所の横に建てることにしました。
妻壁は、片側はキットのパーツを利用し、しっくい部のみカットしてエバーグリーンのラップサイディングに差し替えています。
もう片側は全面ラップサイディングの自作パーツです。
屋根は、いつも通りメタルサイディングの自作トタン屋根にしています。
RIMG0371.jpg
各パーツの塗装、ウェザリング後です。
検修員詰所と同じ塗装、ウェザリングを行っています。
RIMG0372.jpg
煙突や玄関のひさしも検修員詰所と同じように作りました。
RIMG0374.jpg
透明プラ板の窓ガラスを入れ、壁を組み立てます。
窓ガラスは、つや消しトップコートでくもりガラスにしたり、ぺんてるホワイトでレースカーテンを描いたりして内部隠ぺい工作(?)を施してます。
長手方向の壁は、倉庫部分をカットしたことにより、片側の雨樋風モールドがなくなってしまいましたので、エバーグリーンの直径0.64ミリプラ丸棒を貼り付け、雨樋を復活させました。
RIMG0373.jpg
続いては、こんなパーツも作ります。
RIMG0375.jpg
資材置き場のつもりです。
製作中の詰所には、倉庫を設けない代わりに資材置き場を取り付けたいと思います。
次回に続きます。

にほんブログ村

にほんブログ村
ブログ村人気ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックしていただけると、このブログのランクとレイアウト製作のモチベーションがアップします。
よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

カテゴリ: 中乃郷電気鉄道

テーマ: 鉄道模型 - ジャンル: 趣味・実用

[edit]

« 保線区詰所と保線倉庫  |  物置を作る »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kyoshusen.blog101.fc2.com/tb.php/345-ec64a527
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

郷州線乗換口はこちらです

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

アーカイブ

にほんブログ村

メールフォーム