07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

電車庫完成 

前回は電車庫の屋根を支える柱を取り付けたところで終了しましたが・・・
RIMG0226_convert_20160617094610.jpg
さらに柱や壁に補強用の支柱を取り付けて、改造電車庫がとりあえず形になりました。
RIMG0227_convert_20160617094636.jpg
残るは照明取り付け工事です。
使用するのは例によってマイクラフトの配線済みチップLEDで、今回は上の3連チップLEDを使います。
3個のLEDの内、2個は庫内に取り付けますが、先端の1個は電車庫正面の妻板に取り付けて構内灯にしてみようと思います。
RIMG0193_convert_20160617094524.jpg
構内灯は、廃車体のヘッドライトを再利用したというテイのものを作ってみます。
まずは使用済みの建コレのランナーを適当なサイズにカットして、ヘッドライトに見えるようにヤスリで成形します。
RIMG0229_convert_20160617094709.jpg
中に直接チップLEDを仕込むため、ランナーから切り出したヘッドライトもどきにLEDが入る大きさの穴を開けます。
光が透けないように穴の内側も外側もすべて黒く塗り、その後外側はライトグレイで塗りました。
RIMG0233_convert_20160617094733.jpg
自作ヘッドライトにはレンズも入れます。
車両点灯化の際に使用した銀河モデル製のヘッドライトレンズがまだ残ってましたので、それを使います。
RIMG0234_convert_20160617094757.jpg
3連チップLEDの先端のLEDにヘッドライトもどきをかぶせます。
このままではヘッドライトの後ろから光が漏れますので、裏側にGボンドクリアーを詰め、乾燥させてから黒く塗りました。
LEDは電球色タイプを使用していますが、より電球色感を出すため、3つともエナメルのクリアーオレンジとクリアーイエローを混ぜた色で塗っています。
RIMG0236_convert_20160617094825.jpg
3連チップLEDは上のように取り付けました。
庫内のLEDとリード線は両面テープやPPテープで留め、ヘッドライトの構内灯はボンドで接着しています。
RIMG0244_convert_20160617094857.jpg
こうして建コレ「電車庫A1」改の二線式電車庫がめでたく竣工となりました。
さっそくレイアウトに配置して雰囲気を見てみます。
RIMG0257_convert_20160617094934.jpg
点灯するとこんな感じになります。
LEDのリード線は、工作室部分のベースに穴を開けて逃がしています。
RIMG0258_convert_20160617094959.jpg
LEDを着色したことで思惑通りの色味を出すことができたと思います。
庫内の地面完成後には、小物類もいろいろと配置してみたいと考えています。

にほんブログ村

にほんブログ村
ブログ村人気ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックしていただけると、このブログのランクとレイアウト製作のモチベーションがアップします。
よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

カテゴリ: 中乃郷電気鉄道

テーマ: 鉄道模型 - ジャンル: 趣味・実用

[edit]

« 木造詰所を作る  |  続く電車庫改造作業 »

コメント

いい感じですね

こんにちは。
半オープンな電車庫、オリジナル感満載ですね。
細目の柱がより細密感を醸し出していると感じます。

千早 #n3C3tgxw | URL
2016/06/17 18:41 * edit *

千早さん、こんにちは。
屋根のウェザリングが今ひとつな結果になったのが心残りではありますが、イメージしていた40年代のローカル私鉄の電車庫の雰囲気は出せたのでは、と思います。
この経験を生かして、オリジナル臭のするストラクチャーを少しづつ増やしていこうと考えています。

kyoshusen #- | URL
2016/06/18 09:02 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kyoshusen.blog101.fc2.com/tb.php/338-510bcbb4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

郷州線乗換口はこちらです

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

アーカイブ

にほんブログ村

メールフォーム