07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

続く電車庫改造作業 

ただ今改造作業中の電車庫は、本線のすぐ脇に設置する予定です。
ということは、本線を走る電車の窓から電車庫の側面が間近に見られることになります。
そこで、電車庫側面に広告看板を付けてみることにしました。
RIMG0211_convert_20160609094334.jpg
自作の広告看板です。
パソコンで作ったものを、残っていた年賀はがきに印刷しました。
紙ですので、ウェザリングはウェザリングマスターのこすり付けのみです。

「靴のヨコヤマ」は商店街に設置予定の建コレの屋号です。
「鬼ころし」は日本酒の銘柄ですが、商標の登録が行われなかったのか、全国各地に様々な「鬼ころし」が存在しています。
中乃郷の鬼ころしは純米吟醸のようです。
RIMG0212_convert_20160609094359.jpg
山湯温泉は、中乃郷駅から10キロほど離れたところに位置する山あいのひなびた温泉街という設定です。
かつては近郷近在の湯治場でしたが、今では宿泊施設も近代化され、県外からの観光客も増えてきました。
交通手段は中乃郷駅からバスやタクシーの利用が一般的ですが、昨今のマイカーブームで公共交通を利用する旅客は減少しつつあります。
RIMG0213_convert_20160609094426.jpg
広告看板を付けたのは、工作室の付いている側面とは反対側の側面です。
電車の窓から見るのに、ちょうどいいと思える高さに看板を取り付けています。
RIMG0214_convert_20160609094522.jpg
電車庫の両側面が仕上がりましたので、いよいよ電車庫の組み立てにかかります。
まずは側面壁に妻板を接着します。
妻板だけで屋根を支えるのは不安でしたので、妻板と同じサイズにカットした1ミリ厚スチレンボードを梁代わりに取り付けました。
工作室の付いていない方の側面壁は、スチレンボードの切れ端で押さえて立たせています。
RIMG0216_convert_20160609094546.jpg
そして妻板とスチレンボードの梁をガイドに屋根を接着・・・
電車庫の完成後の輪郭が見えてきました。
RIMG0217_convert_20160609094612.jpg
裏側には遮光用のアルミテープを貼っておきます。
RIMG0219_convert_20160609094635.jpg
プラ平棒で作っておいた棟包み板を屋根頂上の棟に貼り、妻板には破風板を取り付け・・・
RIMG0223_convert_20160609095038.jpg
あとは壁がない部分の屋根を支える柱を取り付けるだけです。
柱は1ミリプラ角棒で作り、壁色と同じ色合いになるようフラットブラウンに少量フラットブラックを混ぜた色で塗りました。
短い方のプラ棒は、補強用の支柱です。
RIMG0225_convert_20160609094750.jpg
電車庫正面に柱を取り付けてみます。
柱の根元には、1ミリ厚スチレンボードで作った土台を付けました。
こちらはライトグレイで塗っています。

にほんブログ村

にほんブログ村
ブログ村人気ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックしていただけると、このブログのランクとレイアウト製作のモチベーションがアップします。
よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

カテゴリ: 中乃郷電気鉄道

テーマ: 鉄道模型 - ジャンル: 趣味・実用

[edit]

« 電車庫完成  |  電車庫の壁の加工 »

コメント

続く電車庫改造作業

こんにちわ。この看板いいですね、特に日焼けして退色した様な看板地が何とも鄙びた雰囲気を醸し出していると感じました。ウェザリングマスターの擦りつけだけでしょうか?それともPCデータでグラデーション等の加工をされているのでしょうか?向学の為に教えていただけるとありがたいです。

lofthonsen #- | URL
2016/06/09 22:27 * edit *

lofthonsenさん、こんにちは。
広告看板は、ワードで製作したものを縮小して印刷しているだけです。
写真用紙に印刷するときはエナメル塗料でウォッシングすることもありますが、今回はハガキに印刷しましたので、ウェザリングマスターをこすり付けるだけに留めました。
我ながら、いい風合いになったと感じてますが、ハガキとウェザリングマスターの相性がいいのかもしれません。

kyoshusen #- | URL
2016/06/10 16:55 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kyoshusen.blog101.fc2.com/tb.php/337-6e9f0ce0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

郷州線乗換口はこちらです

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

アーカイブ

にほんブログ村

メールフォーム