07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

電車庫の壁の加工 

建コレ電車庫の改造作業が続きます。
RIMG0198_convert_20160603164347.jpg
建コレの電車庫は片側の側面の壁にドアが付いてます。
この電車庫は正面に扉が付きますので、おそらく側面ドアは正面扉を閉じて作業する際の電車庫の出入り口なのではないかと思うのですが、改造後の電車庫に正面扉を取り付ける予定はありません。
そこで、側面のドアは取り去ってしまうことにします。
RIMG0200_convert_20160603164428.jpg
電車庫正面側は、両側とも側面の壁をカットしてしまいました。
思い切って開放的な電車庫にしてみようと思います。
RIMG0204_convert_20160603164458.jpg
さらに、工作室を取り付ける部分の壁も一部取り去りました。
電車庫内の照明を工作室まで取り入れて、いっしょに電飾させてしまうためです。
電車庫と工作室とを行き来するための通路の意味も持たせています。

壁をカットしてプラの地色が出てしまったところは、壁と同じ色合いになるようフラットブラウンとフラットブラックを調合した色で塗っています。
庫内のディテールとして表現されていた道具置き場と思しき棚の一つを側面ドアといっしょにカットしてしまったのですが、そのまま捨てるのはもったいなかったので、棚だけ切り離して庫内中央に移設しました。
RIMG0205_convert_20160603164524.jpg
次は工作室の組み立てです。
歪みをヤスリで成形してからパーツ同士をボンドでがっちり接着しました。
屋根はウォッシングによって少し黒くし過ぎたようですので、再度エナメルのレッドブラウンでウォッシングしてみたのですが、ほとんど変化なし、といった感じになってます。
RIMG0206_convert_20160603164548.jpg
裏からLEDの光を当てて光漏れの有無を確認し、光が漏れている部分はアルミテープを貼って遮光します。
RIMG0210_convert_20160603164657.jpg
そして側面壁に工作室を接着。
接着した部分の裏側にもアルミテープを貼りました。
RIMG0209_convert_20160603164626.jpg
再びLEDを当てて光漏れの確認です。
問題なさそうです。

にほんブログ村

にほんブログ村
ブログ村人気ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックしていただけると、このブログのランクとレイアウト製作のモチベーションがアップします。
よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

[edit]

« 続く電車庫改造作業  |  電車庫の屋根と妻板を作る »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kyoshusen.blog101.fc2.com/tb.php/336-718a2f51
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

郷州線乗換口はこちらです

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

アーカイブ

にほんブログ村

メールフォーム