05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

車両のウェザリング 

ライト点灯化改造を施した車両たちは、パンタをトミックスのPS13に交換しましたが、ライト点灯車両だけPS13を付けているのも何ですので、ここで他の車両もパンタを交換してしまおうと思います。
001_convert_20160130090134.jpg
まずはこちらの12メートル級小型電車Aから・・・
003_convert_20160130090241.jpg
今回は、PS13を付ける前にボディーのウェザリングも行ってしまいます。
ボディー全体をタミヤのスミ入れ塗料のブラックでウォッシングし、さらに屋根はブラックでウォッシングした上からエナメルのレッドブラウンで再度ウォッシングしてみました。
011_convert_20160130090519.jpg
台車と床下機器もレッドブラウンでウォッシングします。
あまり汚し過ぎて取り返しがつかなくなっても困るので、とりあえずは控えめに汚しています。
002_convert_20160130090209.jpg
一方PS13は碍子に色差しを・・・
面相筆でアクリルのフラットホワイトを塗ります。
004_convert_20160130090320.jpg
そして全体をレッドブラウンでウォッシング・・・
碍子の白もスミ入れ用ブラックを使ったウォッシングで落ち着かせます。
008_convert_20160130090424.jpg
PS13を取り付けた屋根周りはこんな感じになりました。
010_convert_20160130090452.jpg
シャープなパンタが付いて凛々しくなった正面です。
一応テールライトにクリアーレッドを差してますが、ボディーと同系色なので、ほとんどわからないと思います。
ちなみに、こちらは連結面なのでカトーカプラーを付けています。
006_convert_20160130090348.jpg
反対側の正面はこんな感じです。
ダミーカプラーはレッドブラウンでウォッシングしてますが、やはり控えめな汚れ具合になってます。
001_convert_20160130090619.jpg
元銚子デハ301も同じようにウェザリングを施したうえ、パンタ交換を行いました。
002_convert_20160130090643.jpg
そしてこちらは同じくウェザリング、パンタ交換後の元銚子デハ801。
ブタ鼻ヘッドライトが単灯に換装されていて、前面はきりっとした印象ですが、実は3両編成の中間車で、先頭に立つことはありません。
003_convert_20160130090709.jpg
デハ801には戸閉め車側灯が表現されていますので、そちらにもクリアーレッドを入れてみました。

にほんブログ村

にほんブログ村
ブログ村人気ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックしていただけると、このブログのランクとレイアウト製作のモチベーションがアップします。
よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

カテゴリ: 中乃郷電気鉄道

テーマ: 鉄道模型 - ジャンル: 趣味・実用

[edit]

« 初めてのHゴム塗装  |  夜景走行用編成の点灯加工完了 »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kyoshusen.blog101.fc2.com/tb.php/318-2f3a64d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

郷州線乗換口はこちらです

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

アーカイブ

にほんブログ村

メールフォーム