08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

駅前の地面製作 

駅前のストラクチャーの取り付けが終わりましたので、今回は地面作りです。駅前も全面未舗装にします。
004_convert_20100602115045.jpg
リアルサンドを撒いて上のようになりました。ホームの地面と同じように適当にミックスしたリアルサンドを平らにならしながら撒いていき、シーナリーボンドの水溶液で固着しています。同時に木の下や建物の軒下などにカントリーグラスとグラスセレクションを使って雑草も生やしました。
 
駅前広場は道路でもありますので、砂利も必要かと思います。そこで光栄堂のグレイのサンドパウダーを砂利に見立てて撒いてみました。しかしパウダーをぱらぱらふりかけただけでは思ったほど道路っぽい感じにはなってくれません。考えた末、リアルサンドを道路色に着色してみることにしました。
004_convert_20100602115157.jpg 
アクリルのライトグレイとフラットホワイトをほぼ半々に混ぜたものを溶剤で薄め、それを筆でぺたぺたと駅前の路面に塗りつけていきます。そして再びサンドパウダーをふりかけ、さらに筆や綿棒で車の轍を表現し、上のような感じに仕上がりました。砂利敷きの未舗装道路にしてはちょっと明るすぎでしょうか。微妙なところです。
011_convert_20100602115250.jpg
ボンネットバスを置いてみます。「昭和の鉄道模型をつくる」のボンネットバスです。「昭和の鉄道模型~」は定期購読はしてませんでしたが、このバスが付属していた巻は通販で購入しておりました。このレイアウトの時代設定である昭和四十年代前半は、都会ではボンネットバスはほとんど姿を消していましたが、地方では最後の活躍を見せていた頃です。ちなみにタクシー営業所付属のタクシーも昭和四十年頃のクラウンをプロトタイプとしているようですので、このレイアウトには好都合です。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村 
スポンサーサイト

カテゴリ: 郷州線一期工事

テーマ: 鉄道模型 - ジャンル: 趣味・実用

[edit]

« 貨物ホーム裏側の地面の下地と農業倉庫  |  駅前のストラクチャーの固定、貨物ホームの門と柵 »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kyoshusen.blog101.fc2.com/tb.php/30-f007e0e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

郷州線乗換口はこちらです

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

アーカイブ

にほんブログ村

メールフォーム