05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

中華料理屋を作る 

毎回同じような内容の記事ばかりのブログになってしまってますが、さんけいみにちゅあーとキット製作記はまだまだ続きます。
001_convert_20150627091906.jpg
今回は「中華料理屋」を作ります。
どこかで見たことのあるような、ありふれた店構えが気に入って購入しました。
建コレのストラクチャーなどは、わりと特徴のある建物をプロトタイプにしていることが多いように思いますが、みにちゅあーとキットは、街中にごくごく自然に存在しているようなストラクチャーばかりで、どれも好感が持てます。
002_convert_20150627091932.jpg
以前に製作した「ベーカリー」と同じく、箱型の建物ですので、構造は単純です。
001_convert_20150627092032.jpg
このストラクチャーは一応照明組み込み対応になっていて、内部に取り付ける仕切りなどに、カット用のガイドラインが入ってます。
が、今回もベースや仕切りを使わず、当社独自方式で照明組み込み対応ストラクチャーに仕上げます。
002_convert_20150627092118.jpg
店の玄関付近はタイル貼りになってますが、レーザーシートを台紙から切り離す際、失敗してタイルが一部はがれてしまいました。
経年劣化でタイルがはがれ落ちたことにしておきます。
このタイル地のレーザーシートは、厚紙にタイル模様を印刷した薄手の紙を貼り合わせてあるようなのですが、そのタイル模様の薄紙がはがれやすいのです。
ちなみに木造建築タイプのストラクチャーでは、下見板張り模様のレーザーシートが同じタイプの紙らしく、たまに下見板がはがれてくることがあります。
003_convert_20150627092144.jpg
そして「中華料理屋」完成です。
窓は、今回はすべてくもりガラス化しています。
テントは自作したものをレーザーシートに貼りました。
003_convert_20150627091958.jpg
説明書に付属しているテントは、店の電話番号にリアリティーがなく、気に入らないので、使うのをやめたのでした。
004_convert_20150627092212.jpg
のれんも、自作の屋号入りのものを付けてみましたが、テントを取り付けると見えなくなってしまいました。
005_convert_20150627092234.jpg
最後の仕上げのウェザリング・・・と思ったら、ここで大失敗です。
今回は、ストラクチャーの壁色が薄いので、筆に付けたスミ入れ塗料を、軽く色が付く程度になるまでティッシュでぬぐってから塗ってみたのですが、それでもこの壁色に塗りつけるには無理があったみたいです。
廃屋になってしまいました。
006_convert_20150627092256.jpg
で、アクリルのフラットフレッシュとフラットホワイトを混ぜた色で塗り直しました。
一見で入るには勇気のいる小汚い中華料理屋になってしまいましたが、実は知る人ぞ知る旨い店・・・かもしれません。
001_convert_20150627092326.jpg
「ベーカリー」と並べてみると、こんな感じです。
ほぼ同じ大きさですが、「中華料理屋」の方が、幅4ミリ、奥行き高さで1ミリ大きくなってます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
ブログ村人気ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックしていただけると、このブログのランクと作者の創作意欲がアップします。
よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

カテゴリ: 中乃郷電気鉄道

テーマ: 鉄道模型 - ジャンル: 趣味・実用

[edit]

« みにちゅあーとキットの民家  |  看板建築の商店長屋 »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kyoshusen.blog101.fc2.com/tb.php/287-52e31068
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

郷州線乗換口はこちらです

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

アーカイブ

にほんブログ村

メールフォーム