05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

そば屋を作る 

さんけいみにちゅあーとキットの製作が続きます。
001_convert_20150613090011.jpg
今回はそば屋を作ります。
いつもパッケージ写真を撮らずに、いきなり製作を始めてますので、たまには、と思い、パッケージ写真を載せてみました。
002_convert_20150613090036.jpg
いつものように壁を作り、窓ガラスを貼ります。
純和風建築なので、障子窓のイメージで窓ガラスの裏側を白く塗りつぶしています。
もちろん説明書の指示ではなく、当社オリジナルの工法です。
001_convert_20150613090121.jpg
壁を組み立てます。
床ベースを使わず、1階と2階の仕切りを使わないのも当社オリジナル工法です。
003_convert_20150613090146.jpg
窓の手すりや、雨戸の戸袋などといった細かいディテールが多いです。
みにちゅあーとキットシリーズは、どのストラクチャーもそれなりに手間がかかるように作られているみたいです。
001_convert_20150613090221.jpg
屋根上の棟瓦を、レーザーシートを2枚貼り合わせただけで表現しているのは、前回製作したたばこ屋と同じです。
しかし、たばこ屋の棟瓦には鬼瓦が付いてましたが、こちらのそば屋は寄棟造りで棟瓦の数が多いためか、鬼瓦は省略されています。
002_convert_20150613090245.jpg
のれんを取り付け、そば屋完成です。
今回もたばこ屋と同じように、スミ入れ塗料のブラックを薄めて全体に塗りつけ、汚しています。
003_convert_20150613090309.jpg
ちなみにマイクラフトのチップLEDを中に入れて撮ってみると・・・
店の玄関のすぐ後ろにレーザーシートの仕切りが付いているので、その仕切りに阻まれて玄関付近が暗くなってしまいます。
004_convert_20150613090336.jpg
玄関付近にも導光できるよう、一応仕切りに穴を開けておいたのですが、これでは玄関への導光は無理なようです。
仕切りを取り払ってしまえば簡単に問題は解決しますが、そうしますと玄関扉の桟の隙間から、空っぽの店内が丸見えです。
005_convert_20150613090359.jpg
とりあえず仕切りの穴にLEDをはめ込んで点灯させると、上のように玄関付近も含めて店内全体を照らすことはできます。
最終的にLEDをどこに取り付けるかは、他のストラクチャーとの兼ね合いも計算しながら、おいおい考えていきます。
屋根と壁や、壁と壁との接着面から漏れている光の遮光対策も今後の課題です。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
ブログ村人気ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックしていただけると、このブログのランクと作者の創作意欲がアップします。
よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

カテゴリ: 中乃郷電気鉄道

テーマ: 鉄道模型 - ジャンル: 趣味・実用

[edit]

« 看板建築の商店長屋  |  光る自動販売機 »

コメント

同じ悩みですね。

こんにちは。
光漏れ対策とLEDの位置、同じ悩みです。
蕎麦屋は、屋根側に光漏れ対策用のガイドを付ければ良かったと、今更反省・・・こればかりは試行錯誤しかありませんね。

千早 #n3C3tgxw | URL
2015/06/17 18:14 * edit *

千早さん、こんにちは。
隙間からの光漏れに関しては、隙間が空かないようにがっちり接着しておけばよかったのかもしれませんが、今さら接着し直して試すのも何ですので、こちらも何かでふさいで対応しようと考えてます。
確かにペーパーの遮光は一見楽なようですが、思わぬ落とし穴がありました。

kyoshusen #- | URL
2015/06/18 09:42 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kyoshusen.blog101.fc2.com/tb.php/285-6a6cd0af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

郷州線乗換口はこちらです

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

アーカイブ

にほんブログ村

メールフォーム