05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

二代目の登場 

前回故障して作動しなくなってしまったTCS自動踏切2ですが、結局修理はあきらめ、ネット通販で新しいものを購入してしまいました。
001_convert_20150413093824.jpg
郷州線製作時も、スイッチバック信号場に使用するため購入したトミックスのダブルクロスポイントPX280が切り替え不良で使い物にならず、新たにPX280を買い直したことがありましたが、今回の自動踏切2は実売価格でもPX280の倍以上ですので、金銭的ショックも倍以上です。
いっそのこと踏切なしプランに変更すれば一気に問題解決なのですが、どうしても自動踏切付きレイアウトをあきらめきれず、懐の痛みをこらえて購入しました。
002_convert_20150413093847.jpg
一方、二代目の自動踏切2が届くまでの間に残りのレールと道床の塗装を済ませていました。
001_convert_20150413094004.jpg
今回も、レール固定のためのくぎ差し込み用の穴を、目立たなくするよう塗料で埋めてます。
が、完全に埋めるのは結構面倒ですので、上のような感じでお茶を濁してます。
003_convert_20150413093909.jpg
これでレール周りの基礎工事は一応終わりましたので、レイアウト台の長椅子に載せます。
水田予定地のアクリル板には表面保護のため、カットしたスチレンボードをそのままかぶせてあります。
004_convert_20150413093931.jpg
宅急便で届いた二代目の自動踏切2を、さっそくレール塗装後のレイアウトに組み込みます。
これで一安心・・・
そう思いながら電源を入れてみると、どうしたものか新品の自動踏切2も故障した先代の自動踏切2と同じようにモーター音だけ唸ってまったく動いてくれません。
愕然・・・
先代の故障は踏切本体の問題と思い込んでいましたが、本当はこのレイアウトのせいだったのでした。

買ったばかりの新品をいきなり壊してしまった・・・
がっくり肩を落としながら二代目の自動踏切2をレイアウトから取り外し、あきらめムードで一応パワーユニットに直接つないで電源を入れてみると・・・
普通にスタンバイ動作をしてくれます。
どうやら二代目はまだ息がある・・・
実は道床を着色した際、いっしょにセンサーまで着色しているのですが、それが原因の可能性もあると考え、センサーの塗料を落とし、再度レイアウトへ・・・
しかしそれでも踏切は作動してくれません。
そこで着色してしまったセンサーのコードを、手持ちのワンタッチ装着センサーのコードに取り換えてみました。
002_convert_20150413094029.jpg
すると二代目は無事復活。
ほっと胸をなでおろします。
危うくく購入初日にいきなり新品をダメにしてしまうところでした。

故障の原因は、やはりセンサーに塗料を付けてしまったことなのでしょうか。
しかし自動運転ユニットや自動信号機のセンサーは着色しても異常は見られません。
疑問は残りますが、自動踏切2がそれだけデリケートだということは確かです。
製品の注意事項には「本製品は構造上、たいへん精密にできています。お取り扱いには十分ご注意ください。なお、破損状態によっては修理できない場合があります。」と記載されてます。
001_convert_20150413094057.jpg
懲りずに遮断機を片開きに改造します。
警報器も先代のディテールアップを施したものに取り換えます。
002_convert_20150413094125.jpg
一時はどうなることかと思われましたが、何とか以前の踏切の状態に戻すことができました。
塗装後のレールの走行状態も問題ないようです。
上は、中電名物(?)車体長のバラバラなでこぼこ3連です。
水田保護用スチレンボードを外し、水田の水鏡に姿を映しながら駆け抜けて行く体で撮ってます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
ブログ村人気ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックしていただけると、このブログのランクと作者の創作意欲がアップします。
よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

カテゴリ: 中乃郷電気鉄道

テーマ: 鉄道模型 - ジャンル: 趣味・実用

[edit]

« 駅舎を作る  |  レールの固定と塗装 »

コメント

冷や汗が出ますね

こんにちは。
何て繊細なシステムなんでしょう・・・Zでもレールを塗装した際、塗料がジョイント部に回り込み、通電不良を起こした経験があります。
でも復活出来てホント、良かったですね。

千早 #4uAjNfEA | URL
2015/04/13 19:19 * edit *

取り外した遮断機部分を箱で隠すと埃や湿度から守れて壊れなくなります

#- | URL
2015/04/14 02:12 * edit *

千早さん、こんにちは。
結局原因は不明なのですが、取り扱い要注意な製品であることだけは確かです。
ちなみにセンサーのコードは傷みやすいようで、コードだけ単品販売されてるようです。

kyoshusen #- | URL
2015/04/14 13:13 * edit *

コメントありがとうございます。
熱や埃にも十分注意する必要がありそうですね。

kyoshusen #- | URL
2015/04/14 13:17 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kyoshusen.blog101.fc2.com/tb.php/276-a01e6350
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

郷州線乗換口はこちらです

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

アーカイブ

にほんブログ村

メールフォーム