07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

駅前の地面の下地製作とタクシー営業所 

今回から駅前の地面作りに取り掛かります。駅舎と駅前広場がフラットにつながるようにするため、すでに駅舎前の階段はカットしてあります。まずは駅舎の前に駅舎のベースの高さと同じくなるようスチレンボードを敷きつめ、地面の下地を作ります。
 
使用するスチレンボードの厚さは技術評論社の「KATOユニトラックではじめる鉄道模型~Nゲージレイアウト作りに挑戦!」を参考にしています。ちなみにレールやストラクチャーの両面テープ貼りもこの本に影響を受けてのことです。両面テープは強度もあり、かつやり直しもしやすいので大変重宝しています。なおこの本の作例のレイアウトはホビーセンターカトー東京店で今も展示されております。
004_convert_20100513095824.jpg
駅前にはカトー製ストラクチャーのタクシー営業所と通運会社営業所を設置します。ストラクチャーの設置スペースにはストラクチャーのベースの厚さを差し引いた分のスチレンボードを敷き、駅舎ベースの高さと合うようにします。
 
まず最初に駅前広場とストラクチャー設置スペースすべてに5ミリ厚のスチレンボードを敷きます。その上に駅前広場部分は7ミリ厚のボードを、通運会社部分には5ミリ厚ボードを、タクシー営業所部分には3ミリ厚ボードを2枚重ねて敷いていきます。これで駅舎ベースとストラクチャーのベースはほぼフラットとなります。駅前広場部分に関しては若干(約0.5ミリほど)駅舎ベースより低くなりますが、不自然なほどの段差ではないので、Mr.クレイとリアルサンドの利用で問題なく駅舎ベースと自然につながってくれることと思います。
003_convert_20100513100113.jpg
設置予定のほとんどのストラクチャーはレイアウト製作前からストックしてあったもので、すでに加工、ウェザリングを施しているものもあります。このタクシー営業所についても外装のウェザリング、シール貼り付け、照明ユニット取り付け用の穴開けなどが済んだ状態で長い間放置されておりましたが、ようやく設置の目途が立ちましたので、最終の仕上げを行いました。
001_convert_20100513100032.jpg
車庫内は外からもよく見えると思いますので中の壁と床をウォッシングし、さらに床はウェザリングマスターで汚しました。それからドラム缶とフィギアを一つずつ車庫内に配置し、ディテールアップです。ドラム缶は貨物ホームセット付属のアクセサリーで、グリーンに塗ってあります。フィギアはジオコレのザ.人間の中のバス運転手ですが、客待ちの間暇を持て余し、ベンチで一服中のタクシー運転手をイメージしております。
004_convert_20100513095943.jpg
最後にトミックスの建物照明ユニットを取り付け、完成です。上のような感じの夜景となります。なお今回は本体外側の塗装はせず、ウェザリングだけで済ませてますので、光漏れ防止のため本体内側を塗っております。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

カテゴリ: 郷州線一期工事

テーマ: 鉄道模型 - ジャンル: 趣味・実用

[edit]

« 通運会社営業所  |  バラスト固着完了 »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kyoshusen.blog101.fc2.com/tb.php/27-2141c15f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

郷州線乗換口はこちらです

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

アーカイブ

にほんブログ村

メールフォーム