09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

中乃郷電気鉄道発足 

レイアウト製作のモチベーションアップのため、ここでレイアウトの鉄道名を決めておくことにします。
考えた末、鉄道名は「中乃郷(なかのさと)電気鉄道」とすることにしました。
「いなかの里」を走る電車、というのが、その由来ですが、頭の「い」は外して「なかのさと」です。
郷州線の「郷」の字を取り入れ、それを今回は「さと」と読むようにしています。

中乃郷電鉄は10キロ弱の短い路線を30分近くかけて走る、のんびりとした地方私鉄で、旅客輸送専業の想定です。
昭和40年代の地方私鉄なら貨物列車も走らせたいところですが、ポイントトゥポイントという特殊なレールプランのため、貨物列車は戻ってくる際、貨車を先頭にして走ってこなければなりませんので、貨物輸送はあきらめました。
なので今回は、昭和40年代でも後半、すなわち1970年以降の時代設定にして、ごく最近貨物輸送が廃止され、旅客専業鉄道として新たなスタートを切った小私鉄のイメージでレイアウトを製作していきたいと思います。

地方私鉄風レイアウトならば、車両はオリジナルカラーに統一した方がリアリティーがアップしそうです。
そこでレイアウト製作前に鉄コレの塗り替えを行うことにしました。
001_convert_20141222085715.jpg
今回は手始めに上の12メートル級小型電車Aと第1弾の銚子電鉄デハ301を塗り替えてみます。
007_convert_20141222085645.jpg
ボディーを分解し、窓ガラスを外します。
小型電車Aは、第1弾の銚子電鉄デハ501の色替え品ですので、デハ301とパーツの構成は同じです。
ちなみに小型電車Aは、第1弾に入っていたフリー電車モ1032のオープンパッケージ化ではなく、モ1032の兄弟車の設定らしいです。
モ1032は銚子デハ501と側面は同じものの、正面の窓のデザインが異なってますが、小型電車Aの方はデハ501とまったく同じです。
車番も、小型電車Aは続番のモ1033を名乗ってます。
001_convert_20141222085749.jpg
まずは屋根のマスキングからです。
ライトを外した方がマスキングしやすいのですが、固くて外れませんので、ライトごとマスキングしてしまいました。
003_convert_20141222085815.jpg
元の塗装は落とさずに、ボディーを白く塗って元の色を隠します。
クレオスの下地隠ぺい用の白塗料Mr.ベースホワイト1000を使います。
006_convert_20141222085840.jpg
昭和40年代の地方私鉄はツートンカラーが多かったようですので、中乃郷電鉄もツートンカラーを採用することにしました。
使用するのはグリーンマックスの鉄道カラースプレーで、クリーム4号と近鉄マルーンです。
まずはクリーム4号を吹きます。
012_convert_20141222085927.jpg
乾燥後、ボディー上半をマスキングし、今度は近鉄マルーンを。
011_convert_20141222090108.jpg
中乃郷カラーのできあがりです。
昭和40年代っぽい色で、どこかで見たようで、どこにもなかった車両色を作者なりに考えた結果、このカラーになりました。
が、山形交通がこんな色だったような・・・
新京成の旧色にも似てますが・・・
あくまで、これが中乃郷オリジナルカラーです。
009_convert_20141222090015.jpg
反対側の側面です。
一見何事もなかったかのようにも見えますが・・・
010_convert_20141222090045.jpg
こちらの面は、塗料のはみ出しをGMカラーの筆塗り用塗料でタッチアップしたところ、汚くなってしまいましたので、Mr.カラーうすめ液で塗料を落とし、再度スプレー塗装したのですが、その跡がくっきりと残ってしまいました。
屋根に回ってしまった塗料も、Mr.カラーうすめ液で落とそうとしたものの、うまく落とせなかったので、結局タミヤのアクリルカラーでタッチアップし、かなりウェザリングが効いてしまってます。
納得いかないでき映え・・・
ですが、使い古された地方私鉄の車両の味わいということにして、これはこれでいいことにしてしまいます。
001_convert_20141222090148.jpg
一方銚子デハ301はこんな感じになりました。
こちらもコーナーの塗り分け部付近の塗装修復跡がちょっと痛々しいですが、中古のいなか電車の味わいのうち、ということにしておきます。
どちらの車両も塗装のクオリティーの低さは否めませんが、塗装のアラは、いずれウェザリングなどで何とかしたいと考えてます。
将来的にはテールランプへの色入れ、パンタの交換、車番の貼り付け等、軽いディテールアップも行う予定です。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
ブログ村人気ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックしていただけると、このブログのランクと作者の創作意欲がアップします。
よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

カテゴリ: 中乃郷電気鉄道

テーマ: 鉄道模型 - ジャンル: 趣味・実用

[edit]

« ブログタイトルが変わりました  |  レールプラン決定 »

コメント

初めまして

検索にてホームページの方へ辿り着きました。
制作されている模型の世界観に,非常に共感する部分が多く
素晴しい作品を楽しく拝見させて頂きました。
新しい模型の地方鉄道の開業を楽しみにしております。

YANチョ #ocSPZuNE | URL
2014/12/22 17:00 * edit *

YANチョさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。
拙いホームページの方もご覧いただいたとのこと、うれしく思っております。
レイアウト製作は非常にのんびりと行っており、前作の「国鉄郷州線」には5年もかけてしまいました。
地方私鉄風新レイアウトも、まったく開業の目途は立っておりませんが、長い目で見ていただければ幸いです。
今後ともよろしくお願いいたします。

kyoshusen #- | URL
2014/12/23 14:06 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kyoshusen.blog101.fc2.com/tb.php/260-d4e1aaeb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

郷州線乗換口はこちらです

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

アーカイブ

にほんブログ村

メールフォーム