04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

斜面にパウダーを撒く 

今回は、本線レールの築堤など新聞紙を貼っただけで作った集落内の斜面部分の地面下地にパウダーを撒いていきます。
斜面部分はほとんどを草で埋もれさせてしまう予定ですが、一応パウダーで土の地面と下草を表現しておきます。
001_convert_20140423091807.jpg
築堤は上のようになりました。
パウダーは、山の地面と同じくトミックスのカラーパウダーのダークブラウン、ブラウンミックス、ダークグリーンミックスの三種を混ぜて使ってます。
作業はベースボードを立てかけて、斜面を水平状態にして行いました。
少量の水を加えた木工ボンドを地面下地に塗ってからパウダーを撒き、その後完全に水で溶かしたボンド水溶液を垂らしてパウダーを固着させています。
005_convert_20140423091937.jpg
神社の裏や農家と寺の間の段差など、他の斜面部にも同様にパウダーを固着させました。
本線レールのバラスト脇の地面もパウダーを撒きましたが、レール脇は草を生やさず土の地面をそのまま見せるところもありますので、この部分のパウダーは、より地面らしさが出るモーリンのリアルサンドとカントリーグラスを使ってます。
003_convert_20140423091840.jpg
パウダー乾燥後、車両とミニカーを置いて一枚撮ってみました。
004_convert_20140423091911.jpg
さらに本線レール沿いをアップでもう一枚です。
実は前回の勾配標製作時、支柱の根元部分を黒く塗るのを忘れていたのですが、この写真の撮影前に気が付いて面相筆で塗っています。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
ブログ村人気ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックしていただけると、このブログのランキングと作者の製作モチベーションが上がります。
よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

カテゴリ: 郷州線四期工事

テーマ: 鉄道模型 - ジャンル: 趣味・実用

[edit]

« 信号場発着線の停止位置目標  |  レール際のアクセサリー »

コメント

こんにちは。

法面も下地工作をきちんとしておくと、少し疎らに植生した際、いい感じになりそうですね。
色んな色がさりげなくあるというのが、陰影のある実景に近いのかもと最近感じています。

千早 #64TjWBNY | URL
2014/04/23 19:07 * edit *

千早様、コメントありがとうございます。
フォーリッジなどで緑化してしまう地面下地にパウダーを撒いておくのは、ムダな作業のようにも思えますが、おっしゃる通り違う種類の緑が複数入っている草むらの方が、より実感的なのでは、と考えてのことです。
フォーリッジやターフなどは、隙間なく貼り付けているように思っていても、仕上がってみるとあちこちに隙間が空いていたりすることがありますが、あらかじめ地面下地にパウダーが固着されていれば、緑の間に隙間があっても不自然に見えない、という利点もあります。

kyoshusen #- | URL
2014/04/24 16:36 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kyoshusen.blog101.fc2.com/tb.php/229-2cd27cb1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

郷州線乗換口はこちらです

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

アーカイブ

にほんブログ村

メールフォーム