05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

踏切警報機と道路の電柱 

今回から集落セクションの道路製作にかかります。
このセクションも他のセクションと同じように、道路はすべて土と砂利の未舗装路にしてしまいます。
001_convert_20140325090225.jpg
まずは踏切に警報機を設置します。
使うのは、上の津川洋行製踏切セットです。
こちらの踏切警報機は、二つの警報灯の間に故障表示器らしきものが表現されていますが、左側のものはなぜか黒く塗りつぶされてしまっています。
本来なら塗りつぶされてしまった部分に白を入れるのが筋でしょうが、黒いままでも違和感はありませんので、簡単に失敗なくできる方法を選択し、白い方も黒く塗りつぶすことにしました。
なお今回は遮断機のない第三種踏切にしますので、遮断機は使用しません。
003_convert_20140325090327.jpg
今まで電柱などのアクセサリーは最後の仕上げの段階で立てていましたが、今回は道路沿いの電柱をここで立ててしまいます。
道路完成後のでこぼこ地面よりも、平らな下地状態の方が接着しやすいと考えたためです。
電柱はジオコレの木製電柱を使用します。
電柱を立てるためのベースが付属してますが、それは使わず、電柱本体だけを直接地面下地に貼り付けます。
005_convert_20140325090416.jpg
各アクセサリー取り付け後は、上のようになりました。
神社から見て、レールを挟んだ反対側に新たに柵を追加していますが、これは駅用地との境界線を示す柵で、カトーのローカルホームセットに付属の鉄路柵を利用しています。
一応フラットブラウンとバフを混ぜた色に塗り直してからウォッシングしていますが、さほど変わり映えしない仕上がりになりました。
踏切警報機と踏切注意柵、電柱は色の足りない部分やランナーから切り離した跡に色差しをしたくらいで、ウェザリングはしていません。
接着はいずれもGボンドを使用しています。
006_convert_20140325090451.jpg
次回は道路部分の地面下地に土と砂利を撒き、未舗装の砂利道を作っていきます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
ブログ村人気ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックしていただけると、このブログのランキングと作者の製作モチベーションが上がります。
よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

カテゴリ: 郷州線四期工事

テーマ: 鉄道模型 - ジャンル: 趣味・実用

[edit]

« 集落セクションの道路製作  |  水田周辺の地面製作 »

コメント

第3種いいですね。

こんにちは。
未舗装に地道に3種の踏切…何とも郷愁を誘う雰囲気です。
電柱の作りも最近のものは十分使えるレベルなんですね…Nから離れて久しいので驚きました。
小物がどんどん生きてくる一画になりそうです。楽しみにしています。

千早 #j2KS4BfU | URL
2014/03/25 18:38 * edit *

千早様、コメントありがとうございます。
昭和四十年代前半のローカル線の設定なら、砂利道に警報器だけの踏切というのが定番だと思い、第三種踏切を選択することにしました。
ジオコレの電柱は、くっついている広告看板が郷州線には不似合な気もしたのですが、実際に設置してみると、これはこれでいいムードのように思えます。

kyoshusen #- | URL
2014/03/26 15:54 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kyoshusen.blog101.fc2.com/tb.php/225-45ab25cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

郷州線乗換口はこちらです

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

アーカイブ

にほんブログ村

メールフォーム