09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

島式ホームと貨物側線の地面製作 

 ホームの地面作りが続きます。今回は島式ホーム全面を未舗装化します。
002_convert_20100407094031.jpg
 島式ホームはナチュラルやライトブラウンのリアルサンドを多用して、駅舎側ホームよりも明るめに仕上げてみました。これでホームの未舗装化はすべて完了です。
 未舗装化の次はホームに雑草を植える作業に入ります。使用したのはモーリンのカントリーグラスとグラスセレクションで、パウダーのカントリーグラスでごく小さな雑草を、繊維状のグラスセレクションで草むらの草程度の大きさの雑草を表現します。カントリーグラスはライトグリーンとグリーンミックス、グラスセレクションはグリーンとダークグリーンを使っており、いずれも適当に混ぜ合わせたりしてリアルサンド同様シーナリーボンド水溶液で固着しました。
 それにしてもシーナリーボンドはいざ使おうとするといつもチューブの口先がボンドで固まっていて、針で口を突っつかないと中身が出てきません。容器の改良をお願いしたいところです。
001_convert_20100407093944.jpg 
 ホームの地面製作に続いて貨物側線の地面も作ってしまいます。貨物側線は保線状態が悪く、道床が土で覆われてる感じにしたかったので、こちらもリアルサンドで地面を作りました。
 上の写真はリアルサンドを撒く前に側線レールと1番線ホームの間をクレオスのMr.クレイ(石粉粘土です)で埋めたところです。ユニトラックのホームの側壁にはレールの道床にぴったり合うように地面ベース(?)が付いていて、ホームと道床の間に隙間ができないようになってますが、この部分の側壁だけ地面ベースのないタイプを使ったため、この穴埋め作業が必要になってしまいました。
003_convert_20100407094109.jpg
 完成後です。貨物ホームの地面ベースと道床の間のわずかな隙間はマットメディウムの原液を塗ってリアルサンドをふりかけ、埋めてしまおうと考えたのですが、粒の細かいリアルサンドは隙間からどんどん下に落ちていってしまい、結局大量のリアルサンドを消費することになってしまいました。わずかな隙間と侮らず、しっかり穴埋めをしてからリアルサンドを撒けばよかったと反省しております。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

カテゴリ: 郷州線一期工事

テーマ: 鉄道模型 - ジャンル: 趣味・実用

[edit]

« 駅構内の地面製作  |  貨物ホームと駅舎側ホームの地面製作 »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kyoshusen.blog101.fc2.com/tb.php/22-d2074669
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

郷州線乗換口はこちらです

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

アーカイブ

にほんブログ村

メールフォーム