05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

農家D周辺の地面製作 

今回は前回設置したジオコレ農家D周辺の地面を作っていきます。
いつもと同じモーリン製パウダーを使って、いつもの方法で行います。
006_convert_20140212115809.jpg
地面完成後は上のようになりました。
001_convert_20140212115902.jpg
地面ができたら付属のストラクチャーを取り付けます。
前回作業小屋本体だけを固定していましたので、残っていた作業小屋の差し掛け屋根と農具小屋を固定します。
ウェザリングは、今回は農家D本体の板壁のウォッシングのみにとどめました。
もともとジオコレ製品に施されているウェザリングを生かすためという名目の手抜きです。
003_convert_20140212120023.jpg
車両を置いて雰囲気を見てみます。
二軒並んだ農家は親戚同士で、本家と分家のような関係と想定しています。
002_convert_20140212115953.jpg
求めていた山村の小集落の情景に少し近づいてきたような気がします。
ちなみに農家Dの横にちらりとのぞいているまきの束は、わらぶき農家付属のまきの残りです。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
ブログ村人気ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックしていただけると、このブログのランキングと作者の製作モチベーションが上がります。
よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

カテゴリ: 郷州線四期工事

テーマ: 鉄道模型 - ジャンル: 趣味・実用

[edit]

« ジオコレ神社2と杉の巨木  |  ジオコレ農家Dに照明を取り付ける »

コメント

久し振りにDCが…

こんにちは。
やはりDCの朱が入るといいですね。DC越しの土壁と相まって、ちょっとした山合いの農村の風情を感じます。
この情景を見ていると日本風もまたやりたくなってきます。

千早 #nlnTgiQk | URL
2014/02/12 19:45 * edit *

千早様、コメントありがとうございます。
ジオコレ製品はローカル風景を簡単に表現できるので、大変重宝しております。
この情景に草木を追加して、さらに郷愁を感じさせるシーナリーを作り上げていきたいと思っております。

kyoshusen #- | URL
2014/02/13 20:48 * edit *

農家D周辺の地面製作

低い目線の写真がとても良いです。 建物の角度・高さ・色・屋根の形状と壁の質感、すべてが混然一体となって、山里の雰囲気を醸し出していると思います。

マイク鈴木 #- | URL
2014/02/13 23:21 * edit *

マイク鈴木様、コメントありがとうございます。
ストラクチャーの配置によって、更地だったレイアウトが徐々に情景へと変わっていくのは楽しいものですね。
この先さらに地面を作り込み、緑を増やして、納得できるシーナリーを作っていこうと思っています。

kyoshusen #- | URL
2014/02/14 16:59 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kyoshusen.blog101.fc2.com/tb.php/219-5106ee72
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

郷州線乗換口はこちらです

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

アーカイブ

にほんブログ村

メールフォーム