05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

ジオコレ農家Dに照明を取り付ける 

製作中の集落セクションには、前回設置したわらぶき農家の他にもう一軒農家を建てます。
こちらにはジオコレの農家Dを使用します。
001_convert_20140204084955.jpg
この農家Dは、当初は郷州線最初のセクションであるローカル駅セクションに設置する予定で購入したのですが、結局駅セクションでは使用されず、今まで放置されていたものです。
レイアウト設置に際して、さっそくベース差し込み用のツメをカットしてしまいました。
002_convert_20140204085019.jpg
このストラクチャーにもトミックスの建物照明ユニットを取り付けますが、それに関してちょっと問題点があります。
上の写真ではわかりづらいかもしれませんが、二階の壁と一階の屋根との間に隙間が空いているということです。
001_convert_20140204084921.jpg
初期のジオコレ特有ともいえるラフな成形ゆえの隙間でしょうが、このままストラクチャー内部を照らせば、上のようにその隙間から光がだだ漏れになります。
この隙間を何とかしなければなりません。
006_convert_20140204085137.jpg
で、その対策として、隙間部分に黒のケント紙を貼り付けてみました。
建物の裏側は遮光のため黒く塗られてますが、これは駅セクション製作前にすでに行われていた作業です。
003_convert_20140204085045.jpg
隙間をケント紙でふさいだ後の夜景は上のようになりました。
黒ケント紙の効果はてきめんです。
005_convert_20140204085111.jpg
ちなみに正面からですと、こんな夜景です。
001_convert_20140204085207.jpg
照明の取り付けが済んだところで、セクションへの固定です。
地面下地とベースボードに穴を開け、建物照明ユニットのコードを逃がしてから、シーナリーボンドで地面下地に貼り付けます。
農家Dの前に建っているのは、付属アクセサリーの作業小屋です。
002_convert_20140204085243.jpg
ベースボード裏側です。
三本の建物照明ユニットのコードを建物照明用変換コードにつないだ後、変換コードのコネクターをGボンドでボード裏に貼り付けています。
一本のコードがボードの補強材の下にかかるので、補強材を削って中にそのコードを押し込み、ビニールテープで留めています。
003_convert_20140204085320.jpg
点灯してみると、こんな感じになります。
家三軒の寂しい夜景ですが、昭和四十年代前半の山村の夜景のイメージですので、こんなところでご勘弁願いたいと思います。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
ブログ村人気ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックしていただけると、このブログのランキングと作者の製作モチベーションが上がります。
よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

カテゴリ: 郷州線四期工事

テーマ: 鉄道模型 - ジャンル: 趣味・実用

[edit]

« 農家D周辺の地面製作  |  わらぶき農家周辺の地面製作 »

コメント

集落の全貌が…

こんにちは。
農家D…ホント良く出来てますよね。普通の民家としても十分…ほの暗い情景を見ていると、雪景色も似合いそうです。
それにしてもケント紙は重宝しますね。加工しやすいし、紙の遮光性には恐れ入ります。

千早 #vIXFS59k | URL
2014/02/09 06:45 * edit *

千早様、コメントありがとうございます。
最近のジオコレは作りがしっかりしてきてるようですが、この農家Dはジオコレ初期の頃の製品のためか、建物本体がゆがんでいて、屋根と壁の間に隙間ができてましたので、照明を入れる関係上、手持ちのケント紙でその隙間を塞いだのでした。
壁の裏側は、いつものように黒塗料を筆塗りして遮光しております。
農家Dは、スタイル的には今でもよく見かけるタイプの建物で、地域、時代背景を問わず設置できるよいストラクチャーだと思います。

kyoshusen #- | URL
2014/02/09 14:49 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kyoshusen.blog101.fc2.com/tb.php/218-3b1eb56b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

郷州線乗換口はこちらです

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

アーカイブ

にほんブログ村

メールフォーム