05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

墓地の製作 

山のパウダー散布も完了し、ここからはいよいよ本格的な地面製作作業です。
今回は裏山にお墓を取り付け、墓地の地面を作ってみようと思います。
お墓はジオコレのお墓Aを使いますが、お墓Aに関しては、実はちょっと気になっていることがあります。
001_convert_20140108084018.jpg
ジオコレのお墓Aは、上の写真のように和形墓石二基と洋形墓石一基のセットが三つ入っているということを、以前の記事に記しましたが、昭和四十年頃の地方の寺院墓地に洋形墓石というのは、どうにも不似合な気がするのです。
とはいえ、なにぶんNゲージスケールですので、遠目で見れば墓石が和形か洋形か、などという違いはほぼわかりませんし、気にしなければ気にならない程度の問題ではあります。
しかし、墓石を取り付けてから違和感を覚えても、後から修正するのは面倒ですし、墓石の改造程度なら、たいした手間ではないように思えます。
というわけで、思い切って洋形墓石を和形に改造してみることにしました。
002_convert_20140108084046.jpg
新しい墓石は、上のように2ミリ厚スチレンボードから切り出して作りました。
004_convert_20140108084117.jpg
自作墓石はライトグレイで塗ってみます。
洋形墓石のお墓は墓石をプラのこでカットし、墓石の土台部分を同じライトグレイで塗ります。
そして洋形墓石の土台の上にスチレンボード製自作墓石を接着すれば、改造和形墓石の完成です。
005_convert_20140108084148.jpg
上の写真の真ん中が改造和形墓石で、左右はもともとセットに入っている和形墓石ですが、並べてみても違和感はないかと思います。
006_convert_20140108084220.jpg
で、手持ちの洋形墓石はすべて和形化してしまいました。
001_convert_20140108084342.jpg
さっそく墓地にお墓を設置してみます。
お墓Aの和形墓石の土台には、付属の卒塔婆取り付け用の小穴が開いてますので、付属の卒塔婆はすべて取り付けました。
したがってお墓の後ろに卒塔婆が立っていないものが、改造した元洋形墓石です。
卒塔婆の接着も、お墓の地面下地への接着も、ともにトミックスのシーナリーボンドを使っています。
001_convert_20140108084412.jpg
さらにお墓の周りにモーリンのリアルサンドとカントリーグラスを固着させて、墓地の地面は上のようになりました。
リアルサンドはブラウンとライトブラウン、カントリーグラスはライトグリーンとグリーンミックスを使っています。
山のカラーパウダーは100円の木工ボンド水溶液での固着でしたが、こちらの固着はシーナリーボンドの水溶液です。
墓地へ上る階段にも適当にリアルサンドとカントリーグラスを固着させてますが、この階段はループ山の祠への階段同様、土で固めてところどころに木の板を渡してあるような簡素な階段をイメージしてます。
002_convert_20140108084434.jpg
車両を置いて雰囲気を見てみます。
トンネルのすぐ上に小さな墓地が佇んでいるという情景です。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
ブログ村人気ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックしていただけると、このブログのランキングと作者の製作モチベーションが上がります。
よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

カテゴリ: 郷州線四期工事

テーマ: 鉄道模型 - ジャンル: 趣味・実用

[edit]

« お寺を建てる  |  山のパウダー散布完了 »

コメント

今年も

こんにちは、初工作…結構な数が並びましたね。
下から見上げると、緑の中にチラリと見える感じになりそうで…これからが楽しみです。

千早 #c8dTRiQ2 | URL
2014/01/11 07:01 * edit *

千早様、コメントありがとうございます。
洋形墓石は、このレイアウトにはちょっと不似合だと思ってましたので、当初和形墓石だけを使用しようかとも考えていたのですが、やはりある程度の数の墓石が並んでいた方が墓地らしく見えるだろうと思い直し、洋形墓石の和形化に踏み切りました。
とりあえずイメージしていた墓地の雰囲気にはなりましたが、周辺の緑化で、また情景が変わってくるのでは、と思われます。

kyoshusen #- | URL
2014/01/12 18:37 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kyoshusen.blog101.fc2.com/tb.php/214-f9b0fee0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

郷州線乗換口はこちらです

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

アーカイブ

にほんブログ村

メールフォーム