07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

集落セクションの地面下地の塗装 

前回はセクション側面の塗装を行いましたが、今回は地面製作の下準備として、セクションの地面下地の塗装を行っていきます。
004_convert_20131217085139.jpg
まず最初にセクションの端部分を、タミヤのフラットアースで筆塗りしました。
002_convert_20131217085211.jpg
プラスタークロスで作った山の地面下地には、カトーのアンダーコートアースを塗ります。
はけを使って山全体をおおまかに塗った後、筆で塗り残した部分を塗っていきます。
アンダーコートアースは原液のままでは粘度が高く、少し塗りにくいので、少量の水を加えて使用しています。
が、薄めすぎるとほとんど色が付かなくなってしまうので、注意が必要です。
002_convert_20131217085245.jpg
山を塗った後は、山以外のスチレンボード製地面下地をフラットアースで塗りつぶしていきます。
こちらもアンダーコートアースをはけで一気に塗ってしまう方が手っ取り早いのですが、以前スイッチバック信号場セクションのスチレンボード製地面下地をアンダーコートアースで塗った際、色のりが今ひとつでしたので、今回はスチレンボード面は地道にフラットアースの小瓶を使って筆塗りしていくことにします。
ちなみにループセクションはほぼ全面が山ということで、山以外の面積が少なかったこともあり、スチレンボード面は何の迷いもなくアクリル塗料を筆塗りしていました。
004_convert_20131217085310.jpg
地面下地塗装完了後は上のようになりました。
本線の築堤など新聞紙で作った傾斜地の地面の基礎には、プラスタークロスをかぶせずにそのまま着色しています。
樹木を立てたりなどしないのであれば、さほど強度は必要ないだろうと考えた上での手抜きです。
白く塗り残しているのはジオコレのお寺A、農家D、そしてトミックスわらぶき農家設置予定地ですが、それ以外のストラクチャー設置予定地は、いまだ設置場所や向きに頭を悩ませているところですので、とりあえず下地をフラットアースで塗りつぶしてしまいました。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
ブログ村人気ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックしていただけると、このブログのランキングと作者の製作モチベーションが上がります。
よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

カテゴリ: 郷州線四期工事

テーマ: 鉄道模型 - ジャンル: 趣味・実用

[edit]

« 山のパウダー散布作業  |  集落セクションの側面塗装 »

コメント

白い世界が…

こんにちは。
予想以上に一挙に進みましたね。ここまでくると何だかワクワクしてきます。
…ストラクチャーの配置、これが決定まで結構時間が掛かるものですが、それもまた嬉しい悩みかもしれませんね。

千早 #lMBqkpAs | URL
2013/12/17 18:58 * edit *

千早様、コメントありがとうございます。
地面下地の着色により、とりあえず宅地造成地のような雰囲気に漕ぎ着けました。
これからいよいよシーナリー製作本番です。
緑濃い昭和の山村の情景を目指します。

kyoshusen #- | URL
2013/12/18 11:40 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kyoshusen.blog101.fc2.com/tb.php/211-42f27b7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

郷州線乗換口はこちらです

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

アーカイブ

にほんブログ村

メールフォーム