07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

集落セクションの側面塗装 

レイアウト完成後の側面の塗装はマスキングなどいろいろと面倒ですので、ループセクション製作時は山の骨組みを作る前に側面塗装を済ませています。
今回も本来レイアウト完成後の作業ともいえる側面塗装を早々と済ませてしまいますが、今回は塗装後の側板にプラスターが付着したりすることに気を使わなくても済むよう、プラスター貼り終了後のこの段階で側面の塗装を行うことにしました。
002_convert_20131211083053.jpg
しかしこうなるとメンテナンス口のマスキングがやっかいです。
山の骨組みを作る前なら裏から簡単にメンテナンス口をふさぐことができますが、すでに山の地面下地ができあがっている今回は、表側からメンテナンス口をふさがなければなりません。
マスキングテープを貼った新聞紙をメンテナンス口に突っ込んで何とかマスキングしてみましたが、あちらを立てればこちらが立たずといったところです。
001_convert_20131211083125.jpg
塗装は今回もMr.カラースプレーのウッドブラウンを使いました。
多少塗料のタレた跡が残ってしまってますが、まあまあ許容範囲内の仕上がりということにしておきます。
002_convert_20131211083150.jpg
メンテナンス口のフタもスプレー塗装します。
縁の部分は、今回はMr.カラーのウッドブラウンで筆塗りしてみました。
Mr.カラーはスプレー塗装部のタッチアップにも使用してますが、こちらの方が水性ホビーカラーに比べ、カラースプレーとの相性がいいみたいです。
003_convert_20131211083217.jpg
メンテナンス口のフタをはめ込むとこんな感じになります。
やはりレイアウトの外枠にはこの色が似あうと思います。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
ブログ村人気ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックしていただけると、このブログのランキングと作者の製作モチベーションが上がります。
よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

カテゴリ: 郷州線四期工事

テーマ: 鉄道模型 - ジャンル: 趣味・実用

[edit]

« 集落セクションの地面下地の塗装  |  新聞山にプラスタークロスをかぶせる »

コメント

こんにちは。
いい色合いと仕上がりですね。一挙にレイアウトらしくなって…。
当方は、マホガニー系を使ってますが、この色なかなか味がありますね。
カラースプレーとの相性にも困ったもので…いいことを聞きました。

千早 #ehuBx04E | URL
2013/12/11 18:01 * edit *

千早様、コメントありがとうございます。
Mr.カラーとMr.カラースプレーは成分が同じなのかもしれません。
クレオスの筆塗り用アクリル塗料はMr.カラーと水性ホビーカラーがありますが、ウッドブラウンに関してはMr.カラーの方がきれいに仕上げられる感じがします。

kyoshusen #- | URL
2013/12/13 09:57 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kyoshusen.blog101.fc2.com/tb.php/210-34d83c9f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

郷州線乗換口はこちらです

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

アーカイブ

にほんブログ村

メールフォーム