09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

トミックス近郊住宅の仕上げ 

近郊住宅メイクアップ作業の続きです。
今回は外周りのメイクアップからです。
001_convert_20131010091440.jpg
外壁と屋根は、塗装はそのままでウェザリングだけ行ってみました。
ただし玄関ドアだけは、壁の色と同じ色でちょっと存在感が薄いようでしたので、フラットブラウンで塗りつぶしています。
ウェザリングはいつも通りで、ウォッシングとウェザリングマスターの固着だけです。
タミヤのスミ入れ塗料のブラックでウォッシングを施し、ウェザリングマスターのマッドで建物下部の泥汚れを表現しています。
002_convert_20131010091505.jpg
前回塗装を行った住宅本体のベースもウォッシングだけしておきます。
こちらには、地面製作時にさらに土や草を追加する予定です。
003_convert_20131010091548.jpg
ウェザリング完了後、外していた窓ガラスを元に戻します。
004_convert_20131010091634.jpg
そして建物照明ユニットを一階の天井に貼り付け・・・
005_convert_20131010091657.jpg
住宅ベースの隙間から建物照明ユニットのコードを逃がして、住宅をベースにはめ込みます。
006_convert_20131010091721.jpg
点灯テストでは上のような感じになりました。
遮光は成功しているようで、とりあえず壁から光が漏れてくることはありません。
007_convert_20131010091751.jpg
地面下地とベースボードに照明ユニットのコードを逃がす穴を開け、さっそくセクションに固定してみます。
008_convert_20131010091812.jpg
固定はシーナリーボンドで行いました。
元々固定してあったスチレンボード地面下地に近郊住宅のベースをはめ込み、その上に仮置き状態だった1ミリ厚スチレンボードの地面下地をかぶせて、近郊住宅のベースを挟み込みます。
これで近郊住宅のベースの段差が目立たなくなり、近郊住宅のベースと地面下地がフラットな状態になりました。
そして仮配置だった地面下地も、これにてすべて固定完了となったわけです。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
ブログ村人気ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックしていただけると、このブログのランキングと作者の製作モチベーションが上がります。
よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

カテゴリ: 郷州線四期工事

テーマ: 鉄道模型 - ジャンル: 趣味・実用

[edit]

« 集落セクションの山の骨組み製作  |  トミックス近郊住宅のメイクアップ »

コメント

渋い風合いですね。

こんにちは。
やはりウェザリングを施すとグッと渋い風合いになりますね。プラ製だと色々細工出来るのがいいところ…紙製だとどんな方法がいいのかで悩んで、結局出来ずにいます。

千早 #MDo56pwE | URL
2013/10/12 21:23 * edit *

千早様、コメントありがとうございます。
ペーパーストラクチャーのウェザリングは、ループセクション製作時にさんけい製の祠で試してみたことがありますが、やはりペーパーに塗料が染み込んでしまって、あまりうまくいかなかったです。
その点プラ製ストラクチャーのウェザリングは、失敗しても溶剤でなかったことにできますし、気軽に取り組めますね。

kyoshusen #- | URL
2013/10/13 16:16 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kyoshusen.blog101.fc2.com/tb.php/201-87816ec1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

郷州線乗換口はこちらです

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

アーカイブ

にほんブログ村

メールフォーム