05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

集落セクションのバラスト散布作業 

前回はバラスト散布の下準備として、バラスト散布場所の地面下地の着色を行いましたが、今回はいよいよバラスト散布作業です。
が、その前にやっておかねばならないことがあります。
008_convert_20130815143210.jpg
トミックスのファイントラックに付いている、レール固定用の釘を通す穴を埋めておくことです。
今回もレッドブラウンのアクリル塗料を穴に流し込んで、穴を目立たなくしてみます。
002_convert_20130815143244.jpg
塗料乾燥後は上のような感じになりました。
001_convert_20130815143315.jpg
そしてそこへバラストを撒いてしまえば、穴はまったくわからなくなってしまいます。
ちなみにレール道床と地面下地の間には、リキテックスのマットメディウムを詰め込んでからバラストを撒き、空いている隙間を埋めています。
こちらも今では郷州線的に定番となったバラスト散布法です。
002_convert_20130815143403.jpg
ファイントラック部分のバラスト撒き終了後は、道床に穴のないカトーのユニトラックのバラスト散布です。
いつもポイント周辺のバラスト散布は細心の注意を払って行ってますが、上の写真のポイントはダミーですので、今回は可動を気にせず、気楽にバラストを撒くことができました。
もっとも可動部分にはバラストを撒いてませんので、一応手動によるポイント切り替えは可能になってます。
005_convert_20130815143434.jpg
こうして集落セクションのすべてのレールのバラスト散布作業が完了しました。
バラスト乾燥後、車両を走行させてレールの通電状態を確認しておきます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
ブログ村人気ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックしていただけると、このブログのランキングと作者の製作モチベーションが上がります。
よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

カテゴリ: 郷州線四期工事

テーマ: 鉄道模型 - ジャンル: 趣味・実用

[edit]

« 山の内側の塗装とトンネルポータルの固定  |  踏切板の塗装と路肩の土留め »

コメント

バラスト撒布、お疲れ様です。

こんにちは。
堅実に進んでいるように感じますね。
神社?に道路・踏切、画像で見ると田圃か畑もありそうで、何になるのか、楽しみです。

千早 #FiPkFC0s | URL
2013/08/16 08:45 * edit *

千早様、コメントありがとうございます。
相変わらずのマイペースですが、何とかバラスト散布まで漕ぎ着けました。
バラストの撒かれたレールの上を列車が無事に走っていく姿を見ると、とりあえず一段落といった気分になりますね。

kyoshusen #- | URL
2013/08/16 15:34 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kyoshusen.blog101.fc2.com/tb.php/193-d7773841
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

郷州線乗換口はこちらです

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

アーカイブ

にほんブログ村

メールフォーム