04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

切り立った崖周辺のシーナリー製作 

今回は気まぐれにトンネルポータルの位置を変えてしまったために偶然できた、切り立った崖の周りのシーナリーを作っていきます。
004_convert_20130207122142.jpg
ここもプラスタークロスで作った山の一部で、今まではトミックスのカラーパウダーを撒いてあるだけでしたが、その上にモーリンのリアルサンドを固着させ、とりあえず土がむき出しになっている崖の状態にしてみました。
009_convert_20130207122226.jpg
続いてカトーの樹木キット広葉樹(中)を使って崖の上に立てる樹木を作ります。
前回樹木の幹の色をダークグレイにしてみたところ、まあまあいい感じでしたので、今回もダークグレイを採用してみます。
001_convert_20130207122327.jpg
Gボンドで枝にクランプフォーリッジを貼り付け、樹木完成です。
クランプフォーリッジはライトグリーンとミディアムグリーンを使っています。
005_convert_20130207122355.jpg
前回製作したご神木とその周りの樹木は、仕上げとして幹にウェザリングマスターを付けたものの、定着させるためのつや消しトップコートによってその効果が低減させられてましたので、今回は幹にかなりたっぷり目にウェザリングマスターを付けてみました。
しかしつや消しトップコートを吹いてみると、またしても上のような感じで、さほど効果現れず、といったところです。
どうもウェザリングマスターとつや消しトップコートとの相性は、ウェザリングを受けるストラクチャーやアクセサリーの材質や色に左右されるようです。
が、基本的なことを言えば、吹いているつや消しトップコートの量が多すぎるのかもしれません。

次回崖の周りのシーナリー製作本編です。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
ブログ村人気ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックしていただけるとランクアップにつながり、製作のモチベーションもアップします。
どうかよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

カテゴリ: 郷州線三期工事

テーマ: 鉄道模型 - ジャンル: 趣味・実用

[edit]

« 切り立った崖周辺のシーナリーの仕上げ  |  ご神木を立てる »

コメント

こんにちは、次の製作現場はここでしたか?今後が楽しみです。
この間から思っていたのですが、樹幹にダークグレー+ウェザリングマスターも、意外にいい感じなんですね。今度試してみます。

千早 #zlAQJbYM | URL
2013/02/11 05:26 * edit *

千早様、コメントありがとうございます。
今まで樹木の幹は茶色を薄くした色だと思い込み、薄れた茶色を塗ってましたが、ダークグレイの方が実態にあった色のような気がします。
ウェザリングマスターをもっと強く出したいのですが、コーティングによって目立たなくなってしまうのが悩みの種です。

kyoshusen #- | URL
2013/02/11 10:11 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kyoshusen.blog101.fc2.com/tb.php/168-f0a4b4b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

郷州線乗換口はこちらです

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

アーカイブ

にほんブログ村

メールフォーム