07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

竹を修正する 

ジオコレの竹を使って竹藪の製作を試みているところですが、とりあえずはただひたすら竹の枝にフォーリッジを貼り付けていく作業が続きます。
004_convert_20130110133621.jpg
そしてようやく36本の竹の木ができあがりました。
竹が増えていくにつれ、フォーリッジ不足の不安が大きくなってきましたので、途中からは付属のフォーリッジにカトーのコースターフも混ぜています。
上の写真はフォーリッジが崩れないようにシーナリーボンドの水溶液をフォーリッジに筆塗りした後、乾燥を待っているところです。
002_convert_20130110134653.jpg
できあがった竹の木で竹藪を作ってみると、上のようになりました。
竹藪にしてみても、竹の木の枝のスカスカ感は解消せず、やはりちょっと違和感があります。
多少おかしな木でも、まとめて植えればそれなりになってくれるのでは、と思ってましたが、どうやらそうでもないようです。
かといって、いったん植えた木を修正するのも大変な作業ですし、悩むところです。
003_convert_20130110135214.jpg
で、結局何本かの竹を引っこ抜いてフォーリッジをはがし、竹の葉っぱをイメージ通りに修正できるのかどうか試してみることにしました。
今度はフォーリッジの接着にGボンドを使うのはやめ、枝一本一本にシーナリーボンドを塗って、少量のフォーリッジが枝全体にまんべんなくいきわたるようにしてみます。
すると上のように枝のスカスカ感はなくなり、パッケージ写真の竹の木に少しずつ近づいてきました。
実際の竹の木のイメージとはまだちょっと遠いかもしれませんが、これならば竹として通用するのではないでしょうか。
ちなみにフォーリッジは一度ボンド水溶液で固められてますので、非常に定着しやすくなっています。

というわけで、残りの竹の木をどうするか考えつつ、竹藪製作はさらに続きます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
ブログ村人気ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックしていただけるとランクアップにつながり、製作のモチベーションもアップします。
どうかよろしくお願いいたします。

スポンサーサイト

カテゴリ: 郷州線三期工事

テーマ: 鉄道模型 - ジャンル: 趣味・実用

[edit]

« 竹藪の製作  |  竹を量産する »

コメント

こんにちは、難度は高そうですが、後半では何とかいいタッチに仕上がってきたように感じます。ある程度以上の数が集まると、竹林の雰囲気が出るのを実感しました(…結構な数が要りそうですが…)。

千早 #7nflydWA | URL
2013/01/12 07:58 * edit *

千早様、コメントありがとうございます。
やはりこのジオコレの竹は、カトーの樹木キットを製作するのと同じ感覚で作ってはだめだったようですね。
何とかコツをつかみかけてきました。

kyoshusen #- | URL
2013/01/12 10:05 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kyoshusen.blog101.fc2.com/tb.php/164-b760b864
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

郷州線乗換口はこちらです

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

アーカイブ

にほんブログ村

メールフォーム