05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

キハ52入線 

郷州線に久々の新車が入線しました。カトーのキハ52です。郷州線は沿線に山間部を抱える山越えの路線という設定ですので、2エンジンであるキハ52の導入は急務とされておりましたが、以前発売されたトミックスのキハ52は大糸線仕様の復活色タイプと首都圏色でしたので、どちらも郷州線のイメージには合わないと思い、購入を見合わせておりました。このたびカトーが一般色のキハ52を再発売したため、ようやく郷州線にも念願のキハ52を導入です。M車を一両購入しました。

今まで郷州線のディーゼルカーはすべてトミックス製でしたので、カトー製ディーゼルカーは初入線となります。トミックス製のHG仕様のディーゼルカーには様々な付属品が入ってますが、このキハ52はナンバーも貼り付け済みで、付属品は信号炎管のパーツだけでした。もっとも当方としましてはインレタの貼り付けも面倒なくらいですので、付属品が少ないのは作業が減ってかえってありがたいくらいです。ともあれまずは信号炎管を取り付けないと屋根に穴があいたままですので、さっそく取り付けにかかります。
 
トミックス製のディーゼルカーは炎管取り付け用の治具が付属してますが、このキハ52にはそれがありません。指で押しこんでもうまく入っていきませんので、トミックス製品の治具を使ってはめ込みます。炎管の大きさはほぼ同じですので、うまくはめることができました。
 
次はカプラー交換です。他のディーゼルカーはみなHG仕様でTNカプラーが標準装備となってますので、キハ52もそれに合わせてTNカプラー化します。まず台車を外さなければなりませんが、簡単に外れるトミックス製品と違ってこのキハ52は手で台車を外そうとしてもなかなか外れてくれませんので、仕方なくマニュアルにあるようにドライバーを使ってみることにしました。するとドライバーの入れ方が悪かったのか台車の左右にある床下から出ている爪状の小突起の一つがぐにゃり・・・。これはまずいとドライバーの使用はやめ、結局手で台車を外して無事カプラー交換を済ませました。が、ここからもうひと騒動です。曲がった爪を直そうとドライバーを当てたところ、その爪が根元からポロっと取れてしまったのです。小さい部分ですのでそれがなくてもさほど不自然な感じはないかもと思いましたが、この爪がないと台車の集電シューが横から丸見えになってしまいます。やはりあった方がいいと思い直し、ゆがんだ状態のまま、ボンドで貼り付けました。
 
郷州線のディーゼルカーと客車にはすべて室内灯が装着されてますので、キハ52にも室内灯を組み込みます。室内灯を組み込むにはまずボディーを下回りから外さねばなりませんが、キハ52はボディーを外すのもトミックス製品に比べて難しく、ボディーに傷がつくのではと思うくらいに力を入れてようやく外れました。LEDタイプの白色室内灯を取り付け、これですべての作業が終了です。

005_convert_20100224144236.jpg


さっそく簡易レイアウトを組み立て、試運転です。後ろにトミックス製キハ25とキハ17を連結して3両編成で走行させてみます。TNカプラーですので自然解放を起こすこともなく、ポイント通過も順調です。

004_convert_20100224144036.jpg


駅にて停車中の姿です。トミックス製パワーパックNー1000-CLを使用してますので、停車中も常点灯が可能です。室内灯にはフィルターを付けましたが、かなり白っぽい明るい照明になりました。もっとも白色室内灯はカトー製オハ35とオハフ33で取り付け済みで、だいたいこんな感じになるのでは予想してましたので、まあ予想通りといったところです。ただヘッドライトはトミックス製品と違ってほのぼのとしたいい感じの黄色い電球色で、この商品の個性を表していると思います。

011_convert_20100224144519.jpg


郷州支区でキハ20と並んだキハ52(右)です。HG仕様のキハ20と比べるとカプラー周りに何もないのがさびしいですが、全体的な作りにはほとんど差は見られず、見劣りするということもありません。

008_convert_20100224144358.jpg


真上からのショットです。上がキハ52ですが、真上から見ると長さの違いがよくわかります。側面の窓の数もキハ52の方が一枚多いです。

007_convert_20100224144319.jpg


キハ11と連結して往年の小海線の雰囲気を再現です。横にC56を並べれば、さらにムードは盛り上がります。

009_convert_20100224144441.jpg


実物の方のキハ52はその活躍に間もなく終止符を打とうとしていますが、郷州線においてはこれから旅客列車の主力となって働いてくれることと思います。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

カテゴリ: 郷州線一期工事

テーマ: 鉄道模型 - ジャンル: 趣味・実用

[edit]

« ポストと電話ボックス、側線の輪止め  |  タブレット受け器と授け器 »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kyoshusen.blog101.fc2.com/tb.php/16-04795309
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

郷州線乗換口はこちらです

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

アーカイブ

にほんブログ村

メールフォーム