09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

転轍手詰所周辺の地面製作 

今回はポイントの横にある転轍手詰所の周りの地面を作っていこうと思います。
002_convert_20121116082108.jpg
まずは転轍小屋をボンドで固定します。
今までいかにも転轍小屋がすでに固定済みであるかのような写真ばかりお見せしてきましたが、実はまだ固定されておらず、スチレンボード地面下地の間にすっぽりはさまっていただけでした。
005_convert_20121116082222.jpg
転轍小屋を固定した後はリアルサンドによる地面製作です。
地面下地は3ミリ厚スチレンボードですが、転轍小屋のベースの厚さは3ミリ以上あり、地面下地より若干高くなっています。
その高さの差がわからなくなるくらいまで、転轍小屋の周りをリアルサンドで埋め尽くしました。
なお転轍小屋のベースと地面下地との隙間は、例によってリキテックスのマットメディウムを流し込んだ上からリアルサンドを詰め込み、埋めています。
006_convert_20121116082254.jpg
ついでに転轍小屋周辺は、レール沿いの山側部分すべてをパウダーで埋めて地面にしてしまいました。
リアルサンドとカントリーグラス、グラスセレクションを適当に固着させるという、モーリン製品利用のいつもの適当地面です。
これからさらに緑化を進めますが、とりあえず今回はこの地面にぱらぱらと下草が生えている状態までにしておきます。
ちなみにレール脇のリアルサンドの色を少し薄めにしているのは、犬走りを想定しているためです。
001_convert_20121116082024.jpg
次はポイント脇の小物に取り掛かります。
クローゼットの奥で眠っていたカトーのローカルホームセットを引っ張り出してきて、使い残しの付属パーツの中からポイント標識とポイント切り替えレバーを取り出します。
003_convert_20121116082139.jpg
塗装、ウォッシング後は上のようになりました。
ポイント標識は極細マーカーで色を入れてます。
007_convert_20121116082325.jpg
レイアウトに固定してみます。
ポイント標識はカットした1ミリ厚スチレンボードをレッドブラウンで塗っただけの郷州線式簡易枕木(?)の上に設置しています。
008_convert_20121116082351.jpg
別の角度からもう一枚です。
ポイント標識によって、殺風景だった転轍小屋周りも一気にムードが盛り上がったような気がします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
ブログ村人気ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックしていただけるとランクアップにつながり、製作のモチベーションもアップします。
どうかよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

カテゴリ: 郷州線三期工事

テーマ: 鉄道模型 - ジャンル: 趣味・実用

[edit]

« 山にパウダーを撒く  |  ループセクションの畑の仕上げ »

コメント

こんにちは、転轍器標識はいいアクセントになりますね…塗装を考えると後回しになってしまいがちですが。犬走りに線路際の草、これがあると線路周りが締ってくるようで…こらからも楽しみにしています。

千早 #FvLIUmYM | URL
2012/11/17 04:33 * edit *

千早様、コメントありがとうございます。
小物の塗装は面倒ですが、納得いくできばえに仕上がると苦労が報われた気分になります。
もっとも郷州線的には、小物も塗装済みであるに越したことはないのですが・・・。

kyoshusen #- | URL
2012/11/17 12:43 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kyoshusen.blog101.fc2.com/tb.php/156-1a3b4146
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【転轍手詰所周辺の地面】

今回はポイントの横にある転轍手詰所の周りの地面を作っていこうと思います。まずは転轍小屋をボンドで固

まっとめBLOG速報 | 2012/11/25 17:48

プロフィール

郷州線乗換口はこちらです

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

アーカイブ

にほんブログ村

メールフォーム