06 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 08

祠と鳥居 

前回は動画の製作記事のみで、レイアウトの方はまったく進展がありませんでしたが、今回より再びレイアウト製作に戻ります。
なお製作した動画は、ホームページ国鉄郷州線物語に新たに動画ギャラリーのページを追加し、そちらの方にまとめましたので、よろしければお立ち寄りください。

以前の記事で、プラスタークロスで作った山の地面下地の一部に平地を作ってあることを記しましたが、今回はそこにアクセサリーを設置します。
何を置くかというと・・・
001_convert_20121018113537.jpg
さんけいのジオラマオプションキットの祠Bです。
さんけいはペーパー製の塗装済みストラクチャーキットを多数発売しているメーカーですが、たまたま模型店でこの祠Bを見つけ、ループセクションに取り入れたくなり、郷州線初のさんけい製ペーパーアクセサリーの登場となりました。
004_convert_20121018113719.jpg
祠Bは台座付きと台座なしの祠が一体ずつ入っており、形の違う二つの祠を作ることができますが、今回採用したのは台座付きの方です。
台座付きといってもかなり小さく、高さは12ミリですので、本来なら農家の庭先などにでも設置しておくのが望ましいと思われる祠なのですが、郷州線では山の中に設置して山の神風に祀ってみたいと思います。
002_convert_20121018113628.jpg
山の神の前には鳥居もあった方がいいだろうということで、上の鳥居も設置します。
こちらは、やはり郷州線では初登場となるアイコムの製品で、「巫女・お宮セット」に入っている鳥居です。
アイコムのアクセサリーやフィギュアはプラではなく金属製で、この鳥居も大変シャープな造りです。
小さな祠には似つかわしくないかもしれませんが、小さくても地元の人々から深く信仰されているため立派な鳥居が建てられている、という都合のいい設定にしておこうと思います。
005_convert_20121018113828.jpg
仮置きしてみます。
置いてみると、やはり小さな祠と立派な鳥居がかなりアンバランスですが、周辺の緑化で何とかシーナリーに溶け込ませたいところです。
001_convert_20121018113915.jpg
固定前に一応ウェザリングしておきます。
祠には屋根や壁のスジ部分にエナメルの黒でスミ入れしてみました。
ペーパーは後からふき取るつもりで塗料を付けても、染み込んでしまってふき取れませんので、薄めた塗料を少し付けてからすぐに溶剤の原液でふき取っています。
ちなみに鳥居の方もウォッシングしてますが、こちらは金属ですので、塗料をふき取ると、ほぼきれいさっぱりふき取れてしまい、今一つウェザリング効果が出ませんでした。
003_convert_20121018114034.jpg
そして固定完了です。
鳥居のベースの周りには、ベースの高さに合わせて1ミリ厚程度の発砲スチロールの切れ端を貼り付け、ベースと高さを合わました。
この発砲スチロール、実はサブテレインのインクラインをカットしたときに出た切りくずです。
色は鳥居ベースも含めてフラットアースにしてあります。
003_convert_20121018114207.jpg
車両を置いて雰囲気を見てみます。
004_convert_20121018114124.jpg
「巫女・お宮セット」はその名の通り巫女のフィギュアも入ってます。
が、何ぶん山の中の小さな祠ですので、巫女さんがいるのも不自然な気がします。
巫女さんの出番に関しては今のところ未定です。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
ブログ村人気ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックしていただけると、製作のモチベーションとランキングが上がります。
よろしくお願いいたします。

スポンサーサイト

カテゴリ: 郷州線三期工事

テーマ: 鉄道模型 - ジャンル: 趣味・実用

[edit]

« 参道を整備する  |  動画製作にはまる »

コメント

こんばんは、空地の主は祠でしたか…なるほど。鳥居を抜けて階段でお参りするよう一段高い位置だとバランスいいかもしれませんね…でも地区の守り神としてさりげなく置いておく方が自然かも。小さな脇役ですが、妙に存在感があるチョイスのように思えます。

千早 #q7XswXQk | URL
2012/10/18 19:19 * edit *

千早様、コメントありがとうございます。
確かに祠を設置する地面の方を少しかさ上げしておけば、もっとバランスが取れていたかもしれませんね。
いつもあまり深く考えないでストラクチャーやアクセサリーを設置してますので、こんなことになってしまいますが、結果オーライとなるように何とか作りこんでみようと思います。

kyoshusen #- | URL
2012/10/18 21:11 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kyoshusen.blog101.fc2.com/tb.php/152-7e00ad3c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

郷州線乗換口はこちらです

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

アーカイブ

にほんブログ村

メールフォーム