04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

トンネルポータルの擁壁 

トンネルポータルはウェザリングを施し、擁壁と内壁を取り付け終わって、あとは設置を待つだけとなっているものがほとんどなのですが、ループの途中に設置する二つのトンネルポータルにはまだ擁壁が付いていません。
この二つのポータルは、片側の擁壁を付属のパーツではなく、別のパーツを使って作ろうと考えていたためです。
002_convert_20120713145700.jpg
で、今回はその擁壁をグリーンマックスの石垣Aを加工して作っていきます。
まずは石垣Aをプラのこで適当な大きさにカットし、底辺をサブテレインのインクラインの傾斜に合わせてヤスリで削ります。
実はトンネルポータル製作当時はグリーンマックスの石垣Aを手に入れることができず、何か他の方法でこの部分の擁壁を製作しようと考えていたのですが、ループセクション再始動後に石垣Aの入手が可能となりましたので、トンネルポータルと同じデザインであるみかげ石斜め積みタイプのこの擁壁を製作してみようと思い立ったのです。
001_convert_20120713145838.jpg
擁壁の切断面がむき出しになっているのは違和感があるので、切断面も石積み風に加工してみます。
1ミリ厚スチレンボードをカットしたものをプラ平棒に接着し、それを切断面にボンドで貼り付け、擁壁上面と同じようなデザインになるようにしてみました。
003_convert_20120713145910.jpg
そしてスチレンボード製の自作部分をアクリルのライトグレイとフラットホワイトを混ぜた色で塗り、擁壁は上のようになりました。
擁壁全体を同じ色で塗ってしまえば、より自然に見えるのでしょうが、あとからこの上にウェザリングを施しますので、スチレンボードだけを擁壁に近い色で塗っておけば問題ないだろうと考えた上での手抜きです。
ちなみに上の写真は擁壁をトンネルポータルに立てかけて雰囲気を見ているところで、固定してしまったわけではありません。
003_convert_20120713145756.jpg
反対側の擁壁はトンネルポータルの付属パーツを利用します。
こちらも底辺をインクラインの傾斜に合わせて削ります。
上の写真の右側の擁壁が底辺の加工を終えたもので、左側のやつはこれから削りだし作業に取り掛かる擁壁です。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
ブログ村人気ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックしていただけると、製作のモチベーションとランキングが上がります。
よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

カテゴリ: 郷州線三期工事

テーマ: 鉄道模型 - ジャンル: 趣味・実用

[edit]

« 引き上げ線の擁壁  |  ファイントラックの道床の小穴をふさぐ »

コメント

こんにちは。順調に製作が進んでいますね、トンネルポータルは意外と大きいので設置位置や地形の繋がりにいつも悩んでいます。上段下段の線路が接近する部分は特に難しいんじゃないかと…

千早 #3fSe.YNE | URL
2012/07/15 06:27 * edit *

千早様、コメントありがとうございます。
山の地形はだいたいのイメージを頭の中に描いておりますが、どんな感じに仕上がるのかは、できあがってみなければわからないといったところです。
トンネル製作も初めてですので手探り状態ですが、試行錯誤しながら進めていきます。

kyoshusen #- | URL
2012/07/15 10:50 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kyoshusen.blog101.fc2.com/tb.php/138-36b20672
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

郷州線乗換口はこちらです

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

アーカイブ

にほんブログ村

メールフォーム