05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

ループセクションの側面塗装 

シーナリーをマスキングしながらのスプレー塗装は面倒だということを信号場セクションの側面塗装で思い知らされましたので、今回のループセクション製作ではシーナリーを作る前に側面塗装を行ってしまいます。
筆塗りでの側面塗装ならばマスキングの必要はありませんので、セクション完成後でも問題ないかと思いますが、やはりレイアウト外枠のスチレンボードをきれいに塗装するにはスプレー塗装が有効だと思うのです。
クレオスのMr.カラースプレーならスチレンボードにほとんどそりを生じさせることがないということも、信号場の側面塗装や背景画製作で確認できています。
001_convert_20120622161243.jpg
というわけで、ループセクション側面にも信号場セクションと同じくMr.カラースプレーのウッドブラウンを吹いてみました。
シーナリー製作前ですと、マスキングも適当でよく、気軽に作業ができます。
が、ここでセクション側面の化粧を仕上げてしまったということは、この先何か汚れそうな作業をするときは、今度は逆にレイアウト側面の方をマスキングしなければならなくなってしまったということです。
あちらを立てればこちらが立たずといったわけですが、結局はなるようにしかならないということなのでしょうか。
002_convert_20120622161318.jpg
メンテナンス口のふた部分もスプレー塗装します。
スチレンボードの切断面の方は水性ホビーカラーのウッドブラウンを筆塗りしました。
004_convert_20120622161350.jpg
吹き付けのときにスプレーの噴射口を塗装面に近づけすぎたのか、ところどころに塗料のタレの跡が残ってしまいましたが、信号場セクションの側面よりはだいぶきれいに仕上がったと思います。
そりやゆがみもありませんので、メンテナンス口の開け閉めも問題ありません。
問題といえば側面のこの塗装状態を、セクション完成時まで汚さずに維持できるのかということでしょうか。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
ブログ村人気ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックしていただけると、製作のモチベーションとランキングが上がります。
よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

カテゴリ: 郷州線三期工事

テーマ: 鉄道模型 - ジャンル: 趣味・実用

[edit]

« ループセクションの地面下地の塗装  |  ループセクションの地面下地製作 »

コメント

こんにちは、化粧版、スプレーで仕上げるとぼったり感がなくて素敵ですね。でも確かに養生テープとゴミ袋等でマスキングしないと、仕上げ時にもう一度スプレーする必要が出てきそうです(当方もそうでしたが…)。人間、不思議なもので化粧版があると俄然早く緑を入れたくなってくる効果があるような…きっと良く似合うでしょうね。

千早 #JBFGtPPo | URL
2012/06/23 06:50 * edit *

千早様、コメントありがとうございます。
分割式レイアウトは組み立て時や撤収時に汚したり破損したりしてしまうリスクがかなり高いので、見た目をあまり気にしすぎてもしょうがないと思い、この段階での側面塗装に踏み切ったのですが、これからの作業を考えると、やはりちょっと早まったことをしてしまった気もします。
ただ面倒な側面塗装をさっさと終わらせて、ほっとしているのも事実です。

kyoshusen #- | URL
2012/06/23 16:47 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kyoshusen.blog101.fc2.com/tb.php/135-62d6bd94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

郷州線乗換口はこちらです

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

アーカイブ

にほんブログ村

メールフォーム