07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

信号場構内に腕木式信号機を設置する 

これからしばらくはアクセサリー製作作業となります。
今回はカトーのローカルホームセットの付属パーツを利用して、信号場構内に出発信号機を取り付けてみます。

スイッチバック型信号場の出発信号は、発着線に対しては本線出発用の信号のみですが、引き上げ線に対しては本線用と発着線入場用の二本が設置されているようです。
これはおそらく引き上げ線があくまで側線であるのに対し、発着線は信号場内の本線という扱いであるためと思われます。
この中山平信号場も引き上げ線側には本線用と発着線用の出発信号をそれぞれ設置してみることにします。
ここでは場内信号用のパーツを使い、一本の支柱に出発信号が二段になって取り付いている腕木信号機を再現してみたいと思います。
002_convert_20120310105632.jpg
上のように二本の腕木式出発信号機を作ってみました。
左が場内信号用のパーツを使って作った二段式出発信号で、上の腕木が本線用、下の腕木が発着線入場用となります。

腕木やレンズなどの細かい部分の色入れには極細のマーカーを利用しました。
駅セクションの腕木信号機は津川洋行の完成品とカトーのキットを併用したため、レンズの青信号を津川洋行製に合わせ、全部グリーンにしましたが、今回は作者の好みでブルーを入れてます。
支柱の白色部分はプラの地色のままで、ウォッシングだけで済ませました。
001_convert_20120310105725.jpg
さっそく信号場に設置してみます。
台座は駅セクションの出発信号同様、付属の台座を使わずに1ミリ厚スチレンボードから切り出した自作のものを取り付けてみました。
なお駅セクションでは津川洋行の完成品に合わせ、台座をすべて黒く塗ったのに対し、こちらはライトグレイにしてあります。
地面と台座にピンバイスで穴を開けた後、シーナリーボンドを信号機の差し込み突起に付けて台座ごと地面に突き刺し、それから台座の周りにリアルサンドとコースターフを固着させて、信号機を地面になじませました。
002_convert_20120310105802.jpg
車両を載せて雰囲気を見ます。
マイクロエースのC58-296率いる客車列車が引き上げ線から発着線へバックして行く様子を表現してみました。
003_convert_20120310105857.jpg
別の角度からの写真です。
やはり信号機を設置すると信号場のムードが一気に盛りあがる感じがします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
ブログ村人気ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックしていただけると作者の創作意欲が高まります。
スポンサーサイト

カテゴリ: 郷州線二期工事

テーマ: 鉄道模型 - ジャンル: 趣味・実用

[edit]

« 信号場構内のタブレット授け器の製作  |  川の対岸の地面製作 »

コメント

こんにちは、小物が入ると俄然生き生きしてきますね。手前のタブレット受けも効果的、客車編成もいい感じで、今後このセクションの人口が何人になるかも楽しみです。

千早 #.Lj5XGds | URL
2012/03/11 04:19 * edit *

千早様、コメントありがとうございます。
小物とフィギュアはいつも配置場所に頭を悩ませますが、効果的に配置できた時は何とも言えない達成感に浸れます。
製作中の信号場はストラクチャーが少なく、見せ場の乏しいセクションですので、その分少しでも小物を充実させていきたいと考えておりますが、その気持ちに技術が追いついていかないのが現状です。

kyoshusen #- | URL
2012/03/11 11:47 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kyoshusen.blog101.fc2.com/tb.php/121-520557cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

郷州線乗換口はこちらです

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

アーカイブ

にほんブログ村

メールフォーム