07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

川の水の注入が完了する 

川の水製作が続きます。
2011_1205_154922-005_convert_20111223094316.jpg
モーリンのグロスカラーメディウムを三回塗り重ねた川は乾燥後上のようになりました。50ml入りのメディウム一本をほぼ使い切るほど盛ってようやくこんな感じです。
2011_1205_154816-004_convert_20111223094356.jpg
とりあえずグロスカラーメディウムのセールスポイントである「川底が透ける水表現」には成功しているようです。が、着色にムラがあり、色がほとんど付いてない無色透明に近い部分もあります。もっとも川の深さによって水の色が違うのだと言い張れば、これはこれでリアルな水表現と言えなくもありません。ただ川底に撒いたリアルサンドが一部薄すぎて、「川底が透けて見える」がためにベースボードの木目までくっきりと透けてしまっているところがあるのがちょっと残念です。
2011_1205_154641-001_convert_20111223094437.jpg
別の角度から見てみます。川の中の流木はその一部分だけでも水の中に沈める予定でしたが、結局そこまでメディウムを盛れませんでした。
 
ともあれこれで一応川の水の注入は完了です。しかしこのままでは池か沼のようで、今ひとつ川らしさに欠ける感じです。というわけで、ここで登場するのがリキテックスのジェルメディウムです。ジェルメディウムはグロスポリマーメディウムより少し硬めのメディウムで、川や海の波表現用としてよく使われます。このジェルメディウムを川面に盛り付け、川の流れを表現したいと思います。
2011_1210_091122-001_convert_20111223094529.jpg
ジェルメディウム盛り付け直後が上の写真です。川の流れのイメージで水の流れる方向に筆を動かして塗っています。
2011_1211_110251-003_convert_20111223094614.jpg
で、やはり乾燥には時間がかかりますので、その間はバラスト散布作業です。今度はダブルクロスポイントの周りを撒きました。ポイントレールはデリケートなので駅セクション製作時はポイントのバラスト散布は道床の肩部分だけにしてレールの間には撒かなかったのですが、ダブルクロスポイントも同じように道床の肩部分のみの散布に留めておきます。さらに今回この部分のバラスト散布に関しては大事を取ってボンド水溶液を使わず、シーナリーボンドを道床に塗って直接バラストを貼り付けるという工法(?)に挑みました。まずいところにボンド水溶液が回り込んで予期せぬ固着を引き起こさないためです。
2011_1213_161049-002_convert_20111223094659.jpg
ついでに小物を一つ追加します。信号所本屋のベースにはポイントや信号機の切り替え用と思われるロッドが表現されてますが、このロッド部と道床との隙間を埋めるため、ロッドのカバーという体で上のようなものを設置し、カバーの下をロッドが通っている風にしてみました。適当に切り出した2ミリ厚スチレンボードをアクリルのレッドブラウンに着色し、横にカトーのストラクチャーキット付属のゼブラマークを貼ってからウォッシングしただけの、いつもの「リアリティーより雰囲気重視」の工作です。実際はこのカバーの下からさらにポイントや信号機に向かってロッドが延びていくはずなのですが、作者の技術的な問題もあり(?)そこまでの表現は今のところ予定しておりません。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

カテゴリ: 郷州線二期工事

テーマ: 鉄道模型 - ジャンル: 趣味・実用

[edit]

« 川の水の仕上げ  |  川の水の注入とバラスト散布作業 »

コメント

こんにちは、川に流れが入り情景がリアルになってきましたね。ポイントのバラストは当方でも清水の舞台から…の心境です。いつもは両面テープの片面にバラストを固着(ボンド併用)したものを貼り付けてますが、それでも恐る恐るです。

千早 #H6hNXAII | URL
2011/12/24 08:50 * edit *

Re:

 千早様、コメントありがとうございます。
 バラストの固着に両面テープを利用するという手もありましたね。参考になります。川の水のほうはこれから仕上げにかかります。
 

kyoshusen #- | URL
2011/12/24 10:37 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kyoshusen.blog101.fc2.com/tb.php/110-b1e33b6b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

郷州線乗換口はこちらです

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

アーカイブ

にほんブログ村

メールフォーム