07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

川の水の注入とバラスト散布作業 

前回で河原と川底が完成しましたので、今回はいよいよ川の水の投入です。水表現にはモーリンのグロスカラーメディウムを使用します。
2011_1203_090322-002_convert_20111217090043.jpg
グロスカラーメディウムはリキテックスの製品ではなく、モーリンから発売されている水表現用のオリジナルのメディウムで、「川底、海底、砂浜が透ける水表現が簡単にできます」と容器に書かれてます。水の表現法には塗料を混ぜたグロスポリマーメディウムを使用する方法があるようですが、このグロスカラーメディウムは要は色付きのグロスポリマーメディウムなのではないかと思われます。このグロスカラーメディウムとリキテックスのジェルメディウムを利用して川の水を作っていきます。
2011_1203_094218-003_convert_20111217090124.jpg
グロスカラーメディウムを川部分全体に筆塗りすると上のようになりました。グロスカラーメディウムには5色が用意されてますが、今回はグリーンを使ってます。乾燥には約一日かかるようです。
2011_1203_165455-002_convert_20111217090221.jpg
で、メディウムの乾燥を待つ間、スイッチバックの発着線のバラスト散布作業を行っておくことにしました。
 
駅セクションではバラストはモーリンのローカル用バラストのライトブラウンとダークブラウンを適当に混ぜながら使ったのですが、変化を狙ったにもかかわらず、思いの他単調な仕上がりになってしまいましたので、今回はさらに準幹線用のグレイも混ぜてみます。上の写真のように一部分を意図的にグレイのバラストで固めてみたりして、アクセントが付くようにしてみました。固着はシーナリーボンドの水溶液ですが、スチレンボードの下地と道床との間に隙間が空いているところなどは、バラストが隙間から中へ落ち込んでしまわないように隙間にマットメディウムの原液を塗り込んでからバラストを撒いて固定させ、その上からボンド水溶液を垂らしています。
2011_1203_165622-003_convert_20111217090258.jpg
一方グロスカラーメディウムの塗布から約6時間たった川は上のようになっていました。結構厚めにメディウムを塗り付けたつもりでしたが、収縮してほとんどなくなっております。厚さを1ミリほどに盛り上げないと水の形にはならないようですので、再びメディウムを塗布してみます。
2011_1203_182145-004_convert_20111217090327.jpg
振り出しに戻りました。今度は1回目の塗布よりもさらに厚く盛り付けてます。
2011_1204_083001-002_convert_20111217090427.jpg
 しかし、一晩たって2回目のメディウム塗布から約16時間後には上のようになってしまいました。跡形もないといった感じです。
2011_1204_092108-003_convert_20111217090456.jpg
3回目のメディウム塗布に挑みます。今度は容器から直接メディウムを流し込み、それを筆で塗り伸ばしてみます。これでかなり厚くメディウムを盛り付けることができましたが、50ml入りのグロスカラーメディウム一本をほとんど使い切ってしまいました。
2011_1204_112855-004_convert_20111217090559.jpg
乾燥を待つ間はバラスト散布作業です。発着線と並行して伸びている本線の方にもバラストを撒きました。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村 
スポンサーサイト

カテゴリ: 郷州線二期工事

テーマ: 鉄道模型 - ジャンル: 趣味・実用

[edit]

« 川の水の注入が完了する  |  河原と川底の仕上げ »

コメント

こんにちは、水面の表現、難しいですよね。塗り重ねに手間も掛かりますし…全貌が現れるのは少し先のようですが、川底の砂利がうまく透けて見えてくると最高ですね。もし、メディウムの周囲が盛り上がり、中央部が痩せた際は、少し薄めたメディウムが効果的なようです(しかも少量ずつ…半日で透けてくる程度が目安でしょうか)。

千早 #hiiZJbic | URL
2011/12/18 06:25 * edit *

Re:

 千早様、ありがとうございます。
 グロスカラーメディウムの盛り付けの加減がわからず苦労しましたが、三回目の塗布で何とかなりそうな雰囲気です。次回の製作記でご報告いたします。

kyoshusen #- | URL
2011/12/18 11:08 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kyoshusen.blog101.fc2.com/tb.php/109-f0f95ae9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

郷州線乗換口はこちらです

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

アーカイブ

にほんブログ村

メールフォーム