04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

信号場のタブレット受け器とタブレット受け取り用のホーム 

今回はタブレット受け器の製作です。駅セクションではカトーのローカル貨物ホームセットに付属しているタブレット受け器を旅客ホームに設置しましたが、それを見本にして信号場用のタブレット受け器を自作します。
2011_1021_122256-001_convert_20111105192615.jpg
タブレット受け器の渦巻きには直径0.3ミリの真鍮線を使いました。貨物ホームセットに付いているタブレット受け器製作用の治具を利用してらせん状にしています。ただの真鍮線をきれいならせんにするのは難しく、かなりいびつな形になってしまったのですが、それでも雰囲気重視ということで例によってこれでよしとしています。
 
支柱はタミヤのプラ角棒を使いました。断面1ミリX1ミリのプラ棒を1センチ程度にカットし、シーナリーボンドで真鍮線の渦巻きにくっつけています。
2011_1021_153812-002_convert_20111105192654.jpg
タブレット受け器は駅では通常ホーム上に設置されますが、本線上にプラットホームのない信号場では信号場係員のためにタブレット受け取り用の小さなホームが設けられていることがありました。この中山平信号場にもタブレット受け取り用のホームを設置します。旅客用ホームと同じく7ミリ厚スチレンボードに2ミリ厚スチレンボードを重ね、スロープを付けて上のようにホームの基礎を作りました。ホームの横に切り出してあるのはホーム側壁にするための1ミリ厚スチレンボードです。なおホームの幅は約1.5ミリ、ホーム長はスロープ部も含めて約5センチほどになってます。
2011_1024_151545-001_convert_20111105192733.jpg
タブレット受け器完成後の写真が上です。実際に受け器をホームに置き、横に車両を並べてみたところ、支柱が長すぎたのが明らかになりましたので、支柱の長さを切り詰めて約7ミリとし、支柱と渦巻きのトータルの長さを約1センチとしています。全体をフラットホワイトで塗った後、根元に黒を入れ、乾燥後全体をウォッシングしました。
2011_1024_154243-002_convert_20111105192804.jpg
ホーム上にシーナリーボンドでタブレット受け器を接着し、上のようになりました。
ホーム側壁は当初コンクリをイメージしてアクリルのライトグレイを筆塗りしたのですが、ちょっと色が薄いような気がして後からニュートラルグレイを塗り重ねたので、思いのほか黒っぽくなってしまってます。ちなみに一応ウォッシングしてますが、元が黒いのでほとんどウォッシング効果が表れておりません。側壁以外の部分はリアルサンドで地面を作りますが、とりあえずフラットアースで下塗りしてあります。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

カテゴリ: 郷州線二期工事

テーマ: 鉄道模型 - ジャンル: 趣味・実用

[edit]

« 信号場のタブレット受け取り用ホームの仕上げ  |  信号場構内に踏切を作る »

コメント

こんばんは、この手の小物、工作は細かくて大変ですが、存在感は抜群ですね。ブログ写真ではそれなりの大きさに見えますが…やはり大変そうです。

千早 #fwkSvwQ6 | URL
2011/11/06 19:11 * edit *

Re:

 千早様、ありがとうございます。
 小物の製作は苦手ですが、駅と違ってストラクチャー類の少ない信号場をいくらかでも盛りたてたくて挑戦してみました。タブレット受け器だとすぐに気づいていただけるようでしたら幸いです。

kyoshusen #- | URL
2011/11/07 15:27 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kyoshusen.blog101.fc2.com/tb.php/103-b77dadcd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

郷州線乗換口はこちらです

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

アーカイブ

にほんブログ村

メールフォーム