04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

信号場構内に踏切を作る 

信号場の信号所本屋側と旅客用ホーム側とは構内踏切を渡って行き来できるようにしたいと思います。今回は構内踏切の製作です。
2011_1003_170756-001_convert_20111027170343.jpg
渡り板はぽぽんでった製のジオラマ用渡り板を使います。以前カーブレールのガードレールをカトーのフレキで製作した折についでにそのフレキを使って踏切を作ったのですが、その踏切の渡り板に使用したものの残りです。
 
まずはレールに合わせて渡り板をカットします。以前製作した踏切ではフレキレールの間に渡り板を挟み込むという特殊な使い方をしましたが、今回の構内踏切は歩行者専用の設定ですので、ガードレールは付けず本来の使用方法で渡り板を使います。渡り板は厚さが1ミリになってますので、レールの犬釘部分に渡り板を載せればちょうどいい高さに渡り板が収まるのです。渡り板の幅は2メートルくらいあれば適当かと思い、約15ミリとしてあります。
2011_1005_175219-002_convert_20111027170420.jpg
以前作った別セクションのガードレール付き踏切は塗装もせず、放置されたままになってますが、今回の構内踏切はまず渡り板を塗装してしまいます。色はアクリルのフラットブラウンにフラットホワイトを混ぜた淡い茶色にしました。塗装後の写真が上です。
2011_1008_110418-003_convert_20111027170510.jpg
踏切は本線と発着線を渡る部分に設置しますが、渡り板と地面との間に隙間が空かないように踏切設置予定地の本線と発着線との間の地面下地をかさ上げしておきます。もともと地面下地は2ミリ厚スチレンボードですが、さらにその上に2ミリ厚ボードを重ね、スチレンボードと道床との隙間をクレオスのMr.クレイで埋めます。これでこの部分の地面下地は道床の高さとほぼフラットになりました。
2011_1011_120218-001_convert_20111027170723.jpg
ウェザリングを施してから渡り板を接着します。シールタイプの渡り板ですので、裏紙をはがして貼り付けるだけで固定できます。ウェザリングはウォッシングのみですが、素材がバルサですので、板と板との隙間に黒い塗料が入りこんでいい感じになってくれました。
 
本線と発着線との間の地面下地は渡り板固定前にフラットアースで下塗りを済ませてあります。踏切の外側は渡り板を接着した後、Mr.クレイで渡り板と地面下地とをつなぐ地面をスロープ状に形成しました。
2011_1008_110603-004_convert_20111027170556.jpg
ついでに旅客用ホームと地面下地とをつなぐ地面もMr.クレイでスロープ状に作っておきます。スチレンボードからホームを切り出し、両端をスロープ状にカットして形を決めた後、高さが足りないことに気づき、2ミリ厚ボードを敷いてホームをかさ上げしましたので、ホーム両端と地面下地との間には段差があったのです。
2011_1015_135703-001_convert_20111027170806.jpg
信号所本屋付近から踏切とホームを望みます。踏切外側とホーム両端のMr.クレイで作ったスロープ部分もフラットアースで下塗りを済ませました。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

カテゴリ: 郷州線二期工事

テーマ: 鉄道模型 - ジャンル: 趣味・実用

[edit]

« 信号場のタブレット受け器とタブレット受け取り用のホーム  |  信号場の旅客用ホームの仕上げ »

コメント

こんばんは、渡り板は存在感がありますよね、Nレイアウトでは、"さんけい"さんの板塀で代用しましたが、端に黄色の警戒色を配すると途端に鉄道施設?と化してました。

千早 #L9s05DP. | URL
2011/10/30 19:24 * edit *

Re:

 千早様、ありがとうございます。
 踏切は別セクション上の車道踏切も含め、当初ジオコレの情景コレクションのものを使おうかと考えていたのですが、ストックしてあった渡り板も使ってしまわねば、とふと思いなおし、このような踏切が出来上がりました。結果としては、考えていたイメージに近いがたがたの古びた踏切っぽくなってくれましたので、これでよかったのかもしれません。

kyoshusen #- | URL
2011/10/31 16:24 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kyoshusen.blog101.fc2.com/tb.php/102-ad1067f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

郷州線乗換口はこちらです

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

アーカイブ

にほんブログ村

メールフォーム