07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

ホーム側壁のウェザリング 

 
前回色着けした駅本屋の土台まわりとホーム階段、踏切板を含め、すべてのホーム側壁のウェザリングをしてしまいます。書き忘れましたが対向する島式ホーム側の踏切板や線路上に配置する踏切板も前回いっしょに色を着けてあります。ウェザリング前に踏切板の端と階段の端の部分に黄色の極細マーカーでラインを入れてみました。
 
まずいつものようにウォッシングから始めますが、今回はただ汚すだけでなくホーム側壁の溝に黒い塗料が残るようにいわゆるスミ入れをしていきます。薄めたエナメルのフラットブラックを塗りつけるのは同じですが、そのままふき取っても溝にうまく黒が入ってくれませんので、いったんティッシュで押さえつけ、塗料を溝にいきわたらせた後ふき取ります。踏切板の溝にも黒を入れますが、こちらは溝が浅いのでなかなか色が入ってくれず、何度もやり直してようやく申し訳程度の黒が入りました。ホーム上は未舗装とし、後ほどリアルサンドを撒く予定ですのでウェザリングはしませんが、駅本屋の差し掛け屋根の下だけは舗装されているものと想定し、その部分だけウェザリングします。
 
乾燥後ウェザリングマスターを擦りつける作業はいつもと同じです。が、つや消しトップコートを吹いたところでトラブル発生・・・。線路上に配置する方の踏切板にトップコートを吹きすぎてウェザリングがまだらになってしまい、修正を余儀なくされてしまいました。再び肌色のような淡い茶色を調合して作り、塗装後ウェザリングです。

001_convert_20100114161439.jpg


 
ウェザリング後は上のような仕上がりとなりました。踏切板の色はまあまあイメージしていたものに近い感じとなってますが、ホームの表面は少し黒くなりすぎてしまった気がします。またこのブロック以外のすべてのホーム側壁に同じウェザリングを施したつもりでしたが、ホームのブロックをひとつひとつウェザリングしていったので、並べて比べるとそれぞれの側壁の汚れ具合に差が出てしまっており、それも今回の反省点です。
 
駅本屋の待合室は外からでも中がよく見えそうなので椅子にフィギアを座らせてみました。カトーの「座っている乗客」です。なお待合室の椅子はフラットブラウンで塗ってあります。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村 
スポンサーサイト

カテゴリ: 郷州線一期工事

テーマ: 鉄道模型 - ジャンル: 趣味・実用

[edit]

« 駅本屋の組み立て  |  ホーム階段まわりの装飾と駅本屋土台の塗装 »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kyoshusen.blog101.fc2.com/tb.php/10-6ca5227b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

郷州線乗換口はこちらです

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

アーカイブ

にほんブログ村

メールフォーム